やまのぼり速報! 青空と緑と真っ直ぐな道編

チームパンダは夏休みをとりました。
テント泊第2弾:尾瀬を満喫しよう!!
《 1日目 》
という訳で、尾瀬を絡めて至仏山と燧ケ岳を目指すことに。

朝早くお家を出て着きましたるは戸倉第一駐車場。
とっても綺麗なトイレあり。ちと仮眠をしていると・・・「今日は鳩待峠まで上がれますけどいいですか?」とのこと。金・土・日曜日はマイカー規制がかかっているかと思ったからこちらに入れたのですが、むむむどうしよう。
最終的にそのままにしてしまいましたが、実際は鳩待峠に車を入れてしまったほうが良かったかも。。。だって荷物をデポするという手間があったりもした訳で。終わってしまえば後の祭りで仕方ないのですが。

とりあえず最初に至仏山ピストンやまのぼり。クルマユリと燧ケ岳に見守られ頑張ります。
b0116703_19202252.jpg

山頂目指して景色の良い道を進みます。
b0116703_19211922.jpg

小至仏山や多少のアップダウンもありましたが、2時間弱で山頂到着。最っっ高♪
本当なら荷物を全部持ってきていればこのまま山の鼻に向け下りたいところですが、下りでの利用は禁止になっていますので、それに従って一旦鳩待峠まで戻ります。(←山の鼻から登ってきた方のお話だと、下ってくる人も割といるんだよ・・・とのこと。ん~っ。微妙ですね。)
b0116703_1923086.jpg

さあ。
一旦鳩待峠に戻って今度は尾瀬ヶ原に向けて足を進めます。この時点で大分ヘたれてきました。疲れも溜まってきて、足も重たい。そして荷物が肩に食い込みますう。。。
ひいパンダはこの時点で明日の燧ケ岳は無理・・・なんなら尾瀬ヶ原を楽しみたいなあなんて思ってました。
b0116703_19242881.jpg

50分ほどで山の鼻に到着。花豆ジェラートとやらがありみなさん食べていますが、まだまだコレからが長いので我慢我慢。帰りにがんばったねのご褒美で食べようっと。
b0116703_19281839.jpg

軽く休んで早速出発。だってこれから尾瀬ヶ原を一直線に歩ききって見晴らしのテント場へ移動しないといけないんですもの。
b0116703_201737.jpg

池塘も点在。水が澄んでいるので景色が水面に反射しています。
b0116703_2022412.jpg

水面にはお花が。
b0116703_2032727.jpg

分かっちゃいたけど、とてつもなく長い道のりです。めったに痛くならない足の裏が痛くなってきました。景色もとってもいいんですけど、疲れが溜まってくるとどうしても単調に感じてしまって足がさっさとすすみません。
b0116703_2064887.jpg

途中木道を整備していらっしゃいました。このように日々人が大切に尾瀬を守ることで、素晴しい尾瀬の自然が変わらず生きていけるんでしょうね。
b0116703_2091461.jpg

竜宮を越え、見晴らしの小屋群が見えてくる頃・・・ひいパンダはもう歩くサイボーグと化していました。さ~隊長に話しかけられても反応なし。ただ黙々と歩き続けるひいパンダ。この時点でさ~隊長ももう明日は厳しいなあと感じたらしく、この後テント場に着いた時には明日は尾瀬ヶ原をのんびり楽しんで、滝巡りでもしようと計画変更に納得してくれました。
b0116703_20124851.jpg

夕ご飯を食べ、着替えもしてすっきりしたあと、尾瀬の夕暮れを見に。
明日を予感させる感じの素晴しい夕暮れでした。
b0116703_20175235.jpg


《 2日目 》
朝早く起来た時元気だったら燧ケ岳でも・・・と思っていましたが、やっぱり体が重い気が。それに早立ちするのがもう無理なので昨日の予定通りに滝巡りをするよ。
清清しい朝の尾瀬をひた歩きます。
b0116703_20374241.jpg

昨日も会いましたがクルマユリさんは水滴を帯びてとてもうれしそう。
b0116703_2039159.jpg

見晴らしより温泉小屋方面を目指して歩きます。更に越えどんどん高度を下げていきますと・・・平滑の滝に到着。名前の通り滑ってますよ。ここに来る間もそうですが、三条の滝までの間も足元はぬかるんでいるところが多く、歩きづらい階段が何箇所かあります。さほど大変ではないですけど、転んで泥んこにはなりたくないものです。
b0116703_2042398.jpg

三条の滝に向かう間にもいくつか小さな滝があり、涼を感じます。
b0116703_2048175.jpg

ぐんと高度を下げるように段差がある道を下っていきますと・・・
どど~んと三条の滝が登場!!
ものすごい水量です!!!
b0116703_20475698.jpg

尾瀬ヶ原に集まる水はすべてここに流れ一気に落ちていくそうです。
ここには観漠台がありのんびりと滝を眺められます。
b0116703_2058546.jpg

ちびパンダも感動しています。なかなかこの迫力の滝見ることない気がします。
b0116703_20593042.jpg

大満足で見晴のテント場に戻りました。
もちろん燧ケ岳に行くのに比べたら楽ちんですが、それでも距離もあり時間はおよそ3時間かかりました。
ひと休憩した後、テント撤収。
一路山の鼻へ向け歩き始めます。途中、竜宮から東電小屋に向けて進路をかえ、ぐるりと回ってたっぷり尾瀬ヶ原を満喫しました!!
しっかし、このボッカさんのいる風景・・・味があります。
b0116703_2162547.jpg


平地歩きも多かったですが、2日間歩いた距離はおよそ35キロ。
頑張りました。。。

詳しいレポはのちほど。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-08-09 23:45 | パンダのつぶやき。