やまのぼり速報! 言葉で表現できない景色編

チームパンダの夏休みやまのぼり&テント泊第3弾。

最近おそろしい計画を立てるさ~隊長は、この1泊2日でどこに行こうと言い出すか???と思っていたら、行者小屋か赤岳鉱泉にテント泊をして硫黄岳~横岳、赤岳~阿弥陀岳と歩こうと言って来た。
色んなブログなどでそのように歩いている人がいたらしく「じゃ、やれるんだ。」と考えたらしい。そりゃひいパンダもそれもありとは思いましたが、ひいパンダ的には稜線上の小屋にお世話になれば・・・の話であって。
前日夜までいろいろな話し合いの中で決まったことは。。。
とりあえず1日目に行者小屋テント場に行って設営。のんびりゆっくり過す。早めに就寝して、朝早くに地蔵尾根より赤岳をゲットしに行こう!!と。

《 1日目 》

そうと決まったら準備をして、車で美濃戸を目指します。
美濃戸口から美濃戸までの道の悪さはかなり有名な話ですが、途中極悪の道がやっぱりありました。直すということはしないのでしょうかね?!土地(道)の利権なんかがあるんでしょうかね?!

とりあえず美濃戸まで車で入りのんびり準備。
今日は急ぐ旅ではありません。ゆっくりテントでの生活を楽しめるのですう☆

出発しましてまずは南沢から行者小屋を目指します。
b0116703_2243558.jpg

割に北沢方面に向かう方が多かったような???
八ヶ岳らしい森の中をなだらかな道を上がっていきます。
b0116703_22443069.jpg

南沢ルートというだけあって、何度か川を渡ります。水が流れて無くても右や左に行ったり来たりしますよ。
b0116703_22451683.jpg

枯れ沢の広い河原道に出るとそこを歩いて行きます。陽射しがあるので、照り返しがきついです。
b0116703_22461821.jpg

行者小屋が近づいてきた証拠に赤岳や横岳など目の前にどんどんせまってきます。
b0116703_224713100.jpg

そして本日の目標行者小屋に到着。
早速テント場に申し込みをして明日行くルートを従業員の方の情報を元に検討します。予定通りで大丈夫そうです。
b0116703_2248687.jpg

しっかし赤岳・・・でっかいです。。。
b0116703_22495756.jpg

朝ほとんど寝てないのでお昼寝をしたり、早めのディナーでのんびり過したり、早めの就寝のためにどんどん行動していきます。
b0116703_2250599.jpg
夕暮れ迫るテント場&行者小屋。午後からは天気がイマイチ、雲もすぐにかかったりときどき雨が降ったりしていたので、どうにか明日は天気がもちますように・・・と降るくらい沢山空に輝く☆を見ながらお願いをして眠りにつきました。

《 2日目 》

いよいよ本日赤岳&阿弥陀岳をゲットしに向かいます。
まだまだ暗いうちに歩き始めますが、本当はあと30分は早く出たかったかも。頂上でご来光はちと厳しそうです。。。
b0116703_2254203.jpg

地蔵尾根は途中まではほどよい登りで歩きやすい。
b0116703_233146.jpg

空が白み始め、雲海が広がっていました。
b0116703_2343064.jpg

少しずつ高度感が出てきて岩ももろいところが多く、登りづらくなってきました。
b0116703_62559.jpg

阿弥陀岳が赤く染まっています。ていうことはご来光には間に合わず・・・。
b0116703_641734.jpg

急げ急げお地蔵様までの最後の登り!!
b0116703_65447.jpg

着いた・・・。
本当綺麗・・・。
最高です・・・。
b0116703_63404.jpg

景色はとってもいいので、赤岳に向かう急登も一気に登ります。でもかなり登りづらいっす。
b0116703_66850.jpg

そして山頂到着!!
b0116703_663659.jpg

景色にしばし感動・・・素敵です。
b0116703_67724.jpg

八ヶ岳の山々オンパレードですう♪
b0116703_665223.jpg

手乗り富士山を楽しみます。
b0116703_6101445.jpg

さあ、阿弥陀岳に向かって下ります。こちらも急な岩の下りですが、岩自体が安定している感じがするので地蔵尾根より下りやすいかも。
b0116703_6105072.jpg

この下り道。可愛い看板さんがありました。
b0116703_611683.jpg

鞍部に下り、中岳を時期ぎりぎりだったコマクサさんに見送られ越えて行き・・・。
b0116703_6112242.jpg

阿弥陀岳の急な登りにかかります。もしかしたら、今日1番怖い登り・下りだったかも。切り立った急な斜面・鎖・はしごなどひいパンダが苦手とするもののオンパレード。本当に気分的にとっても疲れました。
b0116703_612121.jpg

頑張って阿弥陀岳山頂到着。
阿弥陀岳からの下りではさ~隊長に先行してもらってフォローしてもらっていたのですが、さ~隊長が途中こっちの方が歩きやすいかな?と行って下りていったほうが本道から外れていて、かなり崖っぷちを歩く羽目に。ここが岩がもろく斜めになっていて1歩間違えば危なかったかも。ひいパンダもう限界でした・・・。たまたまそこに通りかかったご夫婦にも「そっちは違うよ。危ないよ。こっちに戻りなさい。」と心配されてしまいました。何かあってからでは遅いので、とっても反省です・・・。
b0116703_6121413.jpg

阿弥陀岳を下りて中岳道を通って行者小屋へ。ここは樹林帯の中のジグザグ道のゆるやかなくだりなので下り道に最適♪小走りに下ったらあっという間に戻ってこれました。
テント撤収し後は帰るだけですが、天気がぐずぐず雨もちらほら降ってきたので一応合羽(上)とザックカバーをつけて下ります。でも下界はとてもいい天気で暑かった!!
b0116703_6123933.jpg

駐車場近く。
こういうところじゃなきゃ見かけない看板を発見。
何となく可愛く感じます。
b0116703_6125962.jpg
b0116703_6131327.jpg


赤岳に登るのは来年かな・・・なんて考えていたひいパンダにとって頑張ったやまのぼりとなりました。
アップダウンのある道をテント装備を背負って登る時間も少しずつ長く経験出来ていて、やまのぼり経験値も少しずつ伸びているかな???

詳しいレポは後ほど。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-08-12 23:45 | パンダのつぶやき。