静かな八ヶ岳歩き 天狗岳

本日のお山は八ヶ岳にあります天狗岳。
さ~隊長曰く「この夏は赤岳に行くんだから、その前哨戦として」とのことです。
ひいパンダ的にはまだまだ赤岳なんてムリムリ!と思ってますが、内緒にしておきましょう。
唐沢鉱泉への林道は時折通りづらいかなというところはありますが、普通車でも全然余裕で到着できます。登山者専用駐車場にはトイレもあってとりあえず安心です。
今日のルートは唐沢鉱泉~西尾根経由~西天狗~東天狗~天狗の奥庭経由~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉という周回コースになります。色々調べた結果、お花が見られること・静かな山歩きを楽しめるということが決め手でした。
b0116703_14241398.jpg
唐沢鉱泉の前を通りまして・・・
b0116703_14242353.jpg
右手に流れる川沿いにある橋を渡ってスタートです。
b0116703_14243125.jpg
最初はのんびり八ヶ岳の原生林の中をゆるやかに登り始めます。
b0116703_14243915.jpg
陽射しが差し込むところは神秘的。高度を上げてくると少しずつ岩ゴロも出てきて、息を整えながらテンポ良く歩くように心がけます。
b0116703_14244953.jpg
しばらく我慢して登ると西尾根の尾根上に到着。まだまだ視界は開けません。
b0116703_14245761.jpg
時折開けるところで見られる景色や青空を楽しみにどんどん登っていきます。登り一辺倒で少々この辺りで疲れが出てきました。
b0116703_1425419.jpg
岩をよいせよいせと越えますとようやく第1展望台に到着。ここで初めて人を見ました。景色を眺めてひと休憩。
b0116703_14251246.jpg
硫黄岳方面の景色が臨めますが、雲が多めなのですぐに隠れてしまったり。頂上に着く時にはいい景色がみれるかしら???
b0116703_14252121.jpg
ここから西天狗下まではお花ロードです。特にイワカガミは絨毯のようでした。
b0116703_14252877.jpg
b0116703_14264311.jpg
b0116703_14265170.jpg
第2展望台に到着。ここも眺めが良いです。こういう場所に来るとさ~隊長はカメラにはまるので、ここぞとばかりに休憩しまくりのひいパンダです。
b0116703_1439112.jpg
これから向かう西天狗。手前には立ち枯れの木々があり、綺麗にこれから登るルートが見えて、岩にへばりついている人を見ることが出来ました。
b0116703_14343911.jpg
さあ、ひいパンダこれから登ります!
b0116703_14344729.jpg
わっせ、わっせ。テッペン目指して頑張るぞう!
b0116703_14345562.jpg
岩ゴロを攻略すると上の方は緑の間を歩いて行きまして・・・
b0116703_143539.jpg
じゃじゃ~ん!西天狗岳到着。ここはだだっ広い。休憩にはもってこい。この時点では風はほとんどなくのんびり小休憩をとることが出来ました。
b0116703_14351181.jpg
東天狗に向けて出発です。
b0116703_14351991.jpg
ざれてて歩きづらい場所を攻略すると鞍部に着きます。
b0116703_14352650.jpg
今度は東天狗の登り。ちとお疲れ気味のひいパンダ。
b0116703_14353472.jpg
東天狗岳に到着。よし、2つとも行ったから完全制覇だね。
ここは西と違って結構狭いテッペンです。しかも風で寒い・・・ブルブル・・・。
ここへ来るまでほとんど人を見なかったのですが、テッペンには結構人がいましたので、別ルートから来ているってことかな?
b0116703_14354667.jpg
南八ヶ岳方面の景色。硫黄岳までは見やすいのですが、赤岳・阿弥陀岳は見え隠れしていてなかなかばっちり見ることはできません。むむむ、ザンネン。
b0116703_14355440.jpg
さあ、黒百合ヒュッテに向けて下ります。
b0116703_1436178.jpg
中山峠経由にするか天狗の奥庭経由にするか迷いましたが、天狗の奥庭からの天狗岳の眺めが良いようなので、奥庭経由で行きます。しっかしこの道。ごろごろ岩の連続で、足が疲れる疲れる・・・。同じペースで下るご夫婦がいたので、譲り譲られ・・・休みつつ下りました。
b0116703_1436919.jpg
振り返れば天狗岳。あそこにさっきまでいたんだな・・・歩いたんだな・・・。
b0116703_14361759.jpg
よっこいせ。歩きづらいなあ・・・さ~隊長はこういうところも大好きだから「テンポ良く歩けば疲れないよ。」というけどさ、ひいパンダの弱点の1つである膝にくるんだよなあ。
b0116703_14362722.jpg
ぐんぐん高度を下げてスリバチ池のバックに天狗岳という、ナイスビューポイントを見ながら進みます。
b0116703_1436372.jpg
スリバチ池から間もなく黒百合ヒュッテが見えてきました。
b0116703_14401213.jpg
つ、着いた~。。。コースタイムより時間がかかったのはここだけっていうほど、結構ひいパンダは天狗の奥庭は苦戦しました。
b0116703_14402091.jpg
このヒュッテは八ヶ岳の多くの山小屋の中でも先駆けて水洗トイレ化を導入したらしいです。お借りしましたが綺麗に清掃されていて気持ちよく使うことが出来ます。チームパンダはここでご飯。テーブル・ベンチが結構あっていいですねえ。
あとはひと踏ん張り下るだけなので、まずはのんびり過しました。ひいパンダは座りながらちと昼寝も・・・。
テント場もありまして、なかなか設営しやすそうでいいですね。すのこもありそうでした。レンタルかな?
黒百合ヒュッテというだけに、黒百合も咲き始めていました。カワユス☆
b0116703_14402851.jpg
最後の下りです。最初は小川沿いの岩を飛び越えながら下ります。
b0116703_14403660.jpg
渋の湯分岐から左手にルートをとりまして、今度は八ヶ岳の原生林内を歩きます。岩ゴロから開放され苔むしたおだやかな道も出てきます。ついつい小走りに踊りだすように歩いてしまいます。
b0116703_14404483.jpg

思ったより黒百合ヒュッテより時間がかかる気がしますが、無事に唐沢鉱泉裏手から戻ってくることが出来ました。
b0116703_14405279.jpg


-----------------------------------------------------------------

去年やまのぼりを始めた時から行ってみたいなとひいパンダも思っていたところだっただけに、充実した楽しい時間でした。
思ったより人が多くなかったのが更に感動を呼んだのかもしれません。
天気がコレで安定してれば申し分なかったのですが・・・。

コースタイムよりもテンポ良く歩ききれたのも今後の自信になりそうです。
またひとつチームパンダはステップアップできたやまのぼりでした。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-06-28 23:55 | パンダのやまのぼり2008。