<   2008年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

7月最後ですよ 全員集合!!

7月最後の日。
みなさん、どうお過ごしでしょうか?

昨年は雨が多かった7月でしたが、今年はひいパンダの住んでいるところはあんまり降らなかったかな?

この7月。
お陰で昨年より多くのお山に登れた1ヵ月でした。
標高の高い山にもチャレンジすることが出来ました。
あこがれの山にも登ることが出来ました。
冬山はやらないチームパンダにとって夏は高い山に行く貴重な機会です。
ぜひ8月も天気が良ければいいのですが・・・。

明日から8月です。
楽しみだなあ・・・。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-31 23:37 | パンダのつぶやき。

花火の音が聞こえる。

毎年この時期になると楽しみにしているのは「花火大会」です。

今、ひいパンダの部屋から花火大会の「どーん!どーん!」なんて音が聞こえております。

みなさん、お気に入りの花火大会はありますか?

チームパンダにはあるのです☆

それは旧境町が行っていた伊勢崎花火大会です。

やまのぼりを趣味にしてからもやまのぼりの帰りにかならずこのお気に入りの大会に行ってました。

「今年はいつかな~♪」とのんきに日程を探してみると・・・・・・・・。

なんと!!

今年は中止!来年以降も未定(たぶん永遠に中止っぽそう。)だそうです。

理由は商工会主催で警備面など人気が出てきて人でも多く責任が持てなくなったことと、また協賛金が集まらないとのことでした。

チームパンダお気に入りのこの大会は、利根川沿いの土手からのんびり見られ、関東唯一の3尺玉が上がっていたことが有名です。1時間30分で一気にスターマインから尺玉まであがるのでとっても見ごたえがあったのですう。2万発くらいは上がっていたはずです。

本当に本~当に中止になって残念!!

伊勢崎花火大会といえば合併前の伊勢崎市が行っていた市街地で行われる花火大会は引き続きあるようです。

これも発数もかなりあるようですが・・・。ん~・・・。。。。。なんだかな~。。。。。

はああああああああ。

出来れば利根川沿いの豪快な花火大会を見たい!!

どうにかならないかな・・・伊勢崎市の関係者の方・・・。.+:。(ノ。σ、)゚.+:。 クスン


しっかたないから他の良さそうな花火大会を探さないとな。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-30 20:20 | パンダのつぶやき。

見えにくい・・・なあ・・・。

コンタクトレンズ愛用のひいパンダですが。

最近どうもコンタクトレンズを入れると目が痛くて赤くなってしまって・・・只今めがねパンダ状態になっています。

両眼0.1程度の視力が低いひいパンダには、これは一大事。

この暑い時期、眼鏡はなんだかおっくうです。

あんまり調子よくないようなら、眼科に行かないと。

今週末も天気さえ良ければ日帰りやまのぼりに行く予定だし。

まったく困ったものです。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-29 20:20 | パンダのつぶやき。

ブルブル 雷様。

夕立が最近すごいですね。

空に急に黒い雲が広がって怖いなあ・・・って思っていると、稲光が・・・。

こんな平地で逃げるところがたくさんあるところにいても、怖いなあ~なんて思ってしまうことがあるのですが。

これがお山の中だったとすると・・・怖さ倍増ですね。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-28 18:30 | パンダのつぶやき。

車のメンテナンス。

我が愛車のマーチちゃんは、通勤&ときどきさ~隊長のお家に行く時にしか稼動しませんので、走っても1日平均20キロくらいでしょうか。

車のことにかなり疎いひいパンダは、結構1年おきの定期点検や2年おきの車検の時に色々なメンテナンスをしてもらうようにしていて、その間で車のメンテナンスをするといえばとっきどきエンジンオイルなんかを交換するくらいかな。

最近アクセルを踏んでもなんだか伸びが悪い気がして・・・定期点検からおよそ7ヶ月。
そうだ、エンジンオイルを交換に行こうとカーショップに行ってきました。

「エンジンオイルの種類はどれにしますか???」
まず最初から「街乗り用なので、平均的なのでいいのですが。」とあきらかに分からんちんの答えしかできません。

それ以外にもあれはこれはと聞かれるのですが。
「とりあえず12月に車検が待っているので、それまでに間に合わない項目があるならエンジンオイルの交換以外にもしてもらおうかと。」と答えることしか出来ませんでした。

でもってとりあえず点検してもらって。
エンジンオイル交換とエンジンルーム内がとても汚くなってしまっているのでそこの清掃をしたほうがいいということでそれをしてきました。

ラッキーなことに朝一に行ったのですぐに作業に入ってもらえて。

乗ってみればやっぱりお金を掛けただけいい乗り心地になった気がします。
もう少しマーチちゃんのことを可愛がってあげないとなあ・・・。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-27 15:48 | パンダのつぶやき。

南アルプスの女王 仙丈ケ岳

今日は南アルプス・仙丈ケ岳に登りに行きます。
このお山、とっても楽しみにしているひいパンダ。
昨日のことも考えると早めの行動が大事です!
せっかくの景色、雲が出てくるまでに楽しまないと!!
ていうことで、4時に起きて5時には出ようと話をしていましたが、前日までの寝不足がたたったのかなかなかすっきり起きられず、実際朝ごはんを食べて出発したのが5時30分を過ぎていました。テントはそのまま残してサブバックにて出陣です。
b0116703_1394895.jpg
ヘッデン付けていかないといけないかなと思いましたが、すでに朝寝坊した時点でいらないことが判明。。。なかなかヘッデンの出番がありませんね。
さて、これから向かう仙丈ケ岳はテント場より林道に出てすぐさま反対側にある取り付き点に行き、小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳のルートというものがありますが、チームパンダは北沢峠を過ぎ大平山荘から藪沢ルートを通って仙丈ケ岳を目指すルートを進みます。
b0116703_1395876.jpg
一旦太平山荘前に出て山荘奥の山道を進みます。最初はおだやか、でも途中より結構急登りがつづら折りが始まります。汗が一気に吹き上げます・・・朝だから涼しいはずなんだけどなあ。
b0116703_13101272.jpg
振り返れば朝日が上がってきて、山肌を照らし始めます。
b0116703_13102255.jpg
はああああ。疲れたなあ・・・。ひいパンダ、ちとへこみ気味。
そうそう。
このルートをこちら側から登る人はそこまで多くなかったかも。チームパンダが仙丈ケ岳に登る間はだいたい同じメンバーと抜きつ抜かれつしていて、時々お話をしながら登ることになりました。
b0116703_13103494.jpg
山間から沢筋に登山道が出てくると雪渓が残っていましたよう。
b0116703_13104487.jpg
とっても涼しい・・・ていうより寒いです。天然のクーラーでした。吐く息も白くなりました。雪渓周辺にいらっしゃった方からはもう上は暑くなってくるからここで涼んでいった方がいいよとアドバイスをいただきました。なのでちと小休憩を挟みまして先に進みます。
b0116703_13105342.jpg
直射は暑いです。。。でも、疲れたら沢沿いにある岩に腰を下ろしたり、水を触って気分転換もできるのでどうにかこうにか辛い登りも頑張れます。しっかしこの馬の背ヒュッテまでの道のりは思ったより長いなあ。楽しみの仙丈ケ岳のはずですが、テンションが上がりません。もくもく・・・と歩いています。背中から昨日登った甲斐駒ケ岳君が声援を送ってくれているようです☆
b0116703_1311283.jpg
滝を眺めてまたひと登り。大分水量も減ってきて上部に来たのが分かります。
b0116703_13111340.jpg
滝を過ぎ沢筋から山側に道が変わっていくと発電機のモーター音が静かに聞こえてきます。
馬の背ヒュッテに到着。
b0116703_13112244.jpg
水場とベンチがあるので小仙丈ヶ岳や仙丈ケ岳の尾根道を眺めます。小さいですが、肉眼でも人が歩いているのが見えます。稜線歩きも良かったかな・・・。ん!?藪沢カールのところに千丈小屋が見えています。よくガイド本で見る光景だ!!ってひいパンダはここからかなり気分も乗って調子も上がってきます。ゲンキンなもので(笑)。
b0116703_1311364.jpg
山荘横から馬の背までひと登り。ここからしばらくは仙丈ケ岳に向かっての楽しい稜線を見ながらの散歩道。ここら辺まで来ると、今日はこちらのルート取りをして正解だったなと確信に変わりました。だって、藪沢カールと仙丈ケ岳に向かう稜線ともちろん山頂を1枚の絵のように眺めながら近づいていくんですから!!もう最高!!!
b0116703_1311497.jpg
何度も振り返って甲斐駒ケ岳君に頑張っているよと報告をします。あちらもこの時間は天気が良さそう!景色が良さそうです!
b0116703_1311585.jpg
せっせと青空に向かって歩いて行きます。皆さん、良いペースでさくさくと登っていきますね。結構ひいパンダは調子に乗ってきて、抜きつ抜かれつしていたおじさんから「「ペースが早いねえ。」と言われるほどに。こんなこと珍しい・・・。
b0116703_13121455.jpg
馬の背中にあたる所であまりの景色の良さに、他の登山者の方と写真の撮り合い。このお山、こういうことが多かったので今までになく2ショットが多いのです。これもある意味、新鮮♪
b0116703_1312316.jpg
千丈小屋に向けての最後の登りの前に一息。伊那方面が良く見えます。天気は良いんだけど、遠く北アルプス・中央アルプスは霞んでいました。
b0116703_1312404.jpg
さあ、登るぞう。ここら辺の岩場は手が加えられているのでとても歩きやすいです。あと少しで千丈小屋というところで、小屋の水場がこの登山道の脇にありました。こんこんと流れていて・・・ホースの感じからいうと上部の雪渓から集まってきた雪解け水なのでしょう。
ではでは一口・・・。 o口(・∀・ ) ゴクゴク

んまっ☆ ヵナリ━━d(。ゝェ・´)━━ィィ!!


とんでもなく美味しいです。今まで飲んできた山のお水の中でも1番かもっ。
冷たくて、さっぱりしていて。馬の背ヒュッテで水を補給していましたが、スミマセン全部入れ替えちゃいました。
皆さん、ぜひここで千丈のお水をご堪能下さいませ♪
b0116703_13124952.jpg
お水に大満足のチームパンダは千丈小屋に到着。とっても立派な小屋ですね。3000m近いのに。
b0116703_13125869.jpg
調子がいいので一気に行きますよう。笑顔が止まりません。
b0116703_1313678.jpg
千丈が岳に続く屏風のような稜線。あそこを帰る時は歩くのか。フムフム、どんな景色が待っているんだあ。
b0116703_13131570.jpg
斜面のお花はいつも天気の良い時も悪い時も仙丈ケ岳に寄り添っているんだね。
b0116703_13132575.jpg
山頂見~えた!あの柱のところだっ。
b0116703_131335100.jpg
わしわし登って・・・やったね、山頂に到着しましたよん。青空の一杯広がる中での到着。
感動です。。。来て良かった~っ。
この時点で時間は9時20分過ぎ。まあまあチームパンダ的には頑張りました。
b0116703_13134518.jpg
またも写真撮り合っこのおじさまに2ショット写真を撮ってもらいます。
b0116703_13135480.jpg
山頂で軽くパンなどを食べて、小仙丈ケ岳方面の稜線歩きに突入です。甲斐駒ケ岳君もおいでおいでと言っている(ように見える!)。
b0116703_1314478.jpg
写真を撮るのに忙しいさ~隊長をおいて少し先行します。するととても景色の良いところに出まして・・・目の前には甲斐駒ケ岳君に・・・
b0116703_13141439.jpg
どどんと北岳君・・・
b0116703_13142223.jpg
足元には雷鳥の親子さん。←初雷鳥さんです。うれしいです!
(ここで、ぼ~っと景色を眺めていると「くえっ、くえっ。」となにやら泣き声が。今までに聞いたことがない声にもしや!?と思ったら・・・ビンゴ☆雷鳥の親子さんがひょっこり現れました。そこまで警戒している素振りはありません。雷鳥こどもさんは何羽写っているか分かります???正解は・・・4羽。探してみてくださいねっ。)
b0116703_13143349.jpg
振り返れば仙丈ケ岳さん・・・。今日はありがとう、いつかまた来ますからね。
b0116703_13144259.jpg
小仙丈ケ岳に向けて稜線をアップダウンしていきます。ここも千丈カールを眺めながら気持ちの良い下り道です。全然下り道でも楽しめる稜線でした。
b0116703_13145650.jpg
少しずつガスが出てきて小仙丈ケ岳に着く頃にはガスの中・・・。ちらりと仙丈ケ岳方面が顔を出すことがありましたが、これが最後の仙丈ケ岳方面になりました。
b0116703_1315890.jpg
ここからは駒仙小屋のテント場が見えました。
我が家よ!今から帰りますよう☆
b0116703_13151952.jpg
ここからは下り一辺倒。しばらくは景色を見ながらの下り道ですが、すぐに樹林帯に入っていきます。ここら辺は~合目などと表示があるので目安になります。藪沢小屋の分岐(4合目)を過ぎ、いつの間にか駒仙小屋の近道がある2合目に到着。ここからら山肌をじぐざぐに下って行きまして、林道が見えてきます。
b0116703_13152977.jpg
いえ~い!帰ってきました。頑張りました。パチパチパチ☆
すでに12時10分過ぎ。北沢峠発広河行きのバスが12時55分発。
こりゃ、撤収慣れしていないし慌てて帰るのもなんだったので諦めてのんびり撤収に決定。次のバスは15時55分らしいのですが、もしかしたら臨時便が出るかもと期待をします。
b0116703_1315398.jpg

撤収完了して、北沢峠の停留所にて。
なにやら岐阜側の仙流荘に向け出るバスはひっきりなしに臨時便を出しています。利用者も多いみたいで、人が集まれば出る状態です。
それに比べ広河原方面といえば・・・。人が少ないから仕方ないのかもしれませんが、人数が集まるまでは臨時便は出ないとの事で仕方なし・・・のんびり下山してくる方を眺めて待つことに。でもって、2時45分に臨時便が出ることに。よかった~。でもバスの運転手さんの話だと広河原から芦安まではこりゃまた定時での運行との事で待つことになりますよとのこと。
でも北岳を下りて来た人との座席確保のバトルを最小限にするなら早く下りることはしておきたいところ。運がよければジャンボタクシーがあるかもしれないし・・・。
b0116703_13154723.jpg
でもって広河原に着いてみるとジャンボタクシーも余裕のある台数が待っていたし、バスも乗車できるようです。ちなみにチームパンダは100円ならジャンボタクシー派なので迷い無くジャンボタクシーへ。なのでバスがこのあといつ出たのかは不明です・・・。
タクシーのいい所は甲斐駒編にも書きましたが、荷物を抱えて乗らなくて済むところが何よりですし、座席も楽ちんで1時間近くの山道も苦痛になりません。
また帰りならではですが、自分が止めた駐車場の前までしっかり運んでくれます。チームパンダはラッキーなことにマイカー前で下りることが出来ました。
たまたまバスの停留所の目の前の駐車場だったからバスでも降りてから歩く距離は問題なかったけど、もっと下の方の駐車場に停めた方は自力でそこまで行かないといけないからバスでは大変なのでは???

----------------------------------------------------------------------------------------

今回登った仙丈ケ岳にはイワカガミ・キバナシャクナゲ・ハクサンイチゲ・ネジバナなどなどなどたくさんのお花が咲いていました。このレポに写真はアップはしていませんが、お花にも励まされてのやまのぼりでした。(←以前に登ったことのある人の話では昔よりお花が減った気がする・・・との事ですが、初めてな場所なのでひいパンダには比べようがなく分かりませんが。)
チームパンダは初めてテント泊装備を持ってのやまのぼり・テント泊でしたが、甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳を駒仙小屋のテント場利用でやまのぼりするとなると、ずっとテント泊装備を背負って長い行程を移動という訳ではなく、重い装備は最初に北沢峠からテント場まで運べばオッケーという十数分の我慢で重い荷物を下ろせ、あとは軽いサブバックで十分というやまのぼりが出来るのです。
なので、テント装備を抱えてのやまのぼりの経験がない人がテントとやまのぼりを楽しむのならとっても向いている山域だと思います。
そして何より甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳の違った雰囲気を楽しめる!
帰ってきて本当にやまのぼりを初めて良かった~っとじんわり感じています。

そして山頂から見たほかの山々にも是非レベルアップしていく過程でチャレンジしたいなあ・・・と新たな野望がふつふつと沸いてきています。

                             今日もポチリいただけるとうれしいデス
                                  ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-26 23:55 | パンダのやまのぼり2008。

やまのぼり速報! 初南アルプス発初テント泊編

夏山第一弾テント泊より帰りました!!
金曜日・土曜日と平日を絡ませたお陰で、お山でもテント場でもさほどの混雑に見回れずゆっくりと南アルプスの玄関のお山を楽しむことが出来ました。
天気も2日間通してまずまずでしたよん☆

1日目。
芦安~広河原~北沢峠より入山。
駒仙小屋テント場でテントを張ってから、山の団十郎と別名のある甲斐駒ケ岳に行ってきました。
山梨県側の芦安経由は埼玉県在住のチームパンダにとってはこの物価高のご時世には妥当な選択ですが、長野県側の戸台口経由の方が行き・帰り共に時間を有効に使えたかなと思います。
それはさておき。
コースは北沢峠~駒仙小屋テント場~仙水峠~駒津峰~巻き道コース~甲斐駒ケ岳~巻き道コース~摩利支天~駒津峰~双児山~北沢峠~駒仙小屋テント場(泊)
出発が遅かったので途中まではこんないい天気で景色を見ることが出来ました。
b0116703_21595375.jpg
が、山頂に着くお昼近くにはもうガスがひっきりなしに出ていて・・・。ガスが出やすいと噂どおりです。
b0116703_2204945.jpg
山頂近くの花崗岩は足が取られやすくかなり疲れました。なので摩利支天にはさ~隊長のみ空身で行ってもらいました。ひいパンダは軟弱です。。。昨日からの慌しい準備と移動にどうも体力・気力とも使い果たしていた模様です。コースタイムも最後はほぼそれ通りといった感じでした。

2日目。
本日は南アルプスの女王である仙丈ケ岳に行きました。
コースは駒仙小屋テント場~北沢峠~大平山荘~重幸新道~馬の背ヒュッテ~千丈小屋~仙丈ケ岳~小仙丈ケ岳~北沢峠に向かっていく途中2合目より駒仙小屋近道~駒仙小屋
沢筋には雪渓がまだまだ残っていてそこを渡ったり、ここは崩落箇所もあり気をつけながらへつって登ったり、振り返れば甲斐駒ケ岳が応援していてくれたり。馬の背ヒュッテの辺りからは小仙丈ケ岳や仙丈ケ岳や藪沢カールなどあこがれてた通りの姿を存分に味わえるポイントが多数!!疲れはしますがまったくもってして気持ちはハイテンションです!!
b0116703_22152036.jpg
たまたまスタート直後から抜きつ抜かれつのおじさまと一緒に行動しているわけではありませんが、要所要所でカメラの撮り合いをしていたので、いつになく2ショットが多いんです。。。へへへ。。。
今まで山で飲んだ水場の中でここ千丈小屋の水場はナンバーワン!!でした。とにかく冷たくて美味しいんです♪
b0116703_22182019.jpg
山頂もさほど込んでない時に到着したので、気兼ねなく写真をばしばし撮りました。遠景は雲が多くかかってしまって望めませんでした。それはザンネン!!
帰りはぐるっと小仙丈ケ岳経由です。下り始めの途中に・・・。
写真を撮ってぼ~っとしていると「くえっ・・・くえっ・・・。」となにやら泣き声が。
まわりを良く探してみると、なんと雷鳥の親子さんがお散歩中で登山道近くまで来ていました。
チームパンダ、今まで見たことがなかっただけに大大感動ですう!!!
子どもが4羽いましたが、子沢山かしら???それともこれくらい普通の数なの???
天敵もいるとは思うけど、ぜひ大きく成長して欲しいものですね。
小仙丈ケ岳に来るとガスが一杯になっていましたので、やっぱり昨日のことも考えても早立ちは重要です。しっかしこのお山は予定タイムより大分早く下りてくる事が出来ました。

最後に。
2日間ともチームパンダが歩いたルートをお勧めしたい。
特に。
仙丈ケ岳は小仙丈ケ岳を先に行くパターンのガイドブックも多いと思いますが、色々な地形と出会ったり、藪沢カールを臨んだ時の感動なんかは絶対こっちの勝ちでしょうね。小仙丈ケ岳の稜線歩きの醍醐味は十分下りでも味わえます。あと千丈小屋の水場を味あわなくしてどうする!と言いたいくらい。

今年まだ決まってないんだよな・・・というそこのあなた!
南アルプスの玄関の甲斐駒&仙丈ケ岳を登られてはいかがでしょうか?

ひいパンダは仙丈ケ岳の大ファンになってしまいました♪また行きたいお山ですね。

そうそう。初テントも疲れていたせいかぐっすりと眠れました。ひいパンダはデリケートではないとみた!

くわしいレポはのちほど。






 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-26 23:30 | パンダのつぶやき。

南アルプスの貴公子 甲斐駒ケ岳

今日・明日とテント泊で初南アルプスに来ました♪
今年1番行きたいとひいパンダが思っていた「甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳」に登るためです。
念願叶っての初南アルプス。
この地に立てるだけで大感動なのです。
チームパンダは埼玉県在住なので、アクセスは中央道甲府昭和ⅠCから芦安というのが1番アクセスが良いです。
が、伊那側の仙流荘からのバスのほうが早く北沢峠に着けるので、時間を有効的に使いたければ関東からはマイカーで走る距離が増えちゃいますがそちらまで回った方がいいかもしれませんね。
芦安にはたくさん駐車場がありますが、チームパンダはジャンボタクシーの発着している駐車場(バス発着所前)に止める事が出来ました。結構混んでるかも・・・と恐れてましたが、平日だったせいか思ったほど人は沢山ではありません。良かった~。
最初はバスで・・・とは思ったのですが、北沢峠で乗り換えるバスがマイクロバスらしいので1回目で乗れなくなるのが困るのでバスより早く広河原に着けるジャンボタクシーがいいんじゃないかということと、荷物を膝の上に載せて1時間近くバスに揺られるより荷物は後に乗せられて楽に座れるジャンボタクシーの方がいいかな・・・と。100円差ならとタクシーで広河原まで移動することにしました。
b0116703_1318407.jpg
途中、夜叉神峠では多分鳳凰三山に向かう方々でしょうね。出発準備をされていました。
みなさん!!よい山旅を♪
そして広河原に到着。
北岳に向けて向かっていくパーティー・・・いつかチームパンダもそちらに伺いますよう!
ここにも簡易トイレが沢山設置されていたので安心です。
ひいパンダはかなり先頭の方に陣取ることが出来ました。40分近く待つことになりますが、周りを散策しながらいればあっという間に再度出発時間になります。
b0116703_13185227.jpg
およそ20分ほど北沢峠に到着。この時点で6時15分くらい。
さあ、急いで今日の寝床の駒仙小屋のテント場に向けて移動しますよう。
b0116703_1319252.jpg
駒仙小屋に到着。ひいパンダが受付をしてさ~隊長に場所を選定しておいてもらいます。なにせ初テント泊なもので、勝手が分からない。設営にもちと時間がかかりました。
b0116703_13191054.jpg
でもこのテント場。
かなりいいロケーションだと思います。たまたま川沿いに場所を取れまして、トイレから遠くない一段目の平地をキープ。川にも下りれて足を洗ったり物を冷やしたり・・・なんやかんや重宝しました。トイレもかなり綺麗!!夜でもヘッデン片手に安心して行く事が出来ました。
b0116703_13191940.jpg
サブバックに荷物を入れ替え、いよいよ「甲斐駒ケ岳」に向けて出発です。待っててねえ!!
しっかしすでに7時30分過ぎてますけど・・・少し急がないとなあ。。。寝不足気味だけど大丈夫かしら???
b0116703_13192934.jpg
最初は緩やかに緑の森の中を高度を上げてきます。
b0116703_13193831.jpg
20分ほどで仙水小屋を通過します。道沿いに水場があったのでひいパンダは満タンまで補給。さ~隊長はしませんでした。この後さ~隊長は双児山あたりで水が切れてしまいました。水の補給が出来るのが、テント場以外はこの仙水小屋のみになりますので、絶対ここで水を補給されることをお勧めします。はい。
b0116703_13194736.jpg
10分ほど行くと岩がゴロゴロした場所に出ます。マーキングを頼りに仙水峠を目指します。不思議な光景ですねえ・・・。
b0116703_13195595.jpg
仙水峠に到着。
ここからは摩利支天と甲斐駒ケ岳がどど~んと見えるのです。
か、感動!!
これからあそこに向かうのね。
しっかし、かなりまだ高さがあるんですけど・・・駒津峰までの急登もそうとうな感じだから気合を入れて・・・っと。
水を飲んで~、ナッツを食べて~、飴を舐めて~。エネルギー補給して暑さにばてないようにもしないといけません。
b0116703_1320911.jpg
いよいよ駒津峰までの一気の登り。急がず休み過ぎず、テンポを作って登れば辛いは辛いけど頑張りきれます。
b0116703_13201822.jpg
時折見える甲斐駒ケ岳くんに励まされて、1時間10分くらいでどうにか攻略することができました。
b0116703_13203390.jpg
駒津峰に到着!甲斐駒ケ岳と摩利支天が目の前にどど~んとそびえています。でもこの時間になるとガスがかなりかかってきていて見えたり見えなかったり・・・。さっきまではなかなかの眺望だったのに。ムムム。
多分、今日甲斐駒ケ岳を目指している人の中では最後の方だし、もう陽も大分上がっているのでガスが出るのは仕方ないかな。
b0116703_13204066.jpg
軽く一息ついて先を急ぎます。軽い岩ゴロロードを何回もアップダウンして行き・・・(これ、結構疲れました。)
b0116703_13204826.jpg
六方石に到着します。
ここから直登か巻き道か選択できます。大半の方は巻き道から帰ってきてました。行くのは半々位かな?多分。
さ~隊長は直登希望だったのですが、ここまでで大分体力を使い果たしたひいパンダは巻き道で行きたいと希望。時間も心配だし・・・と説得して巻き道へ。どうもありがとう。
でも実際思うことは、巻き道とはいえども滑りやすくて歩きずらい。直登の方が登りやすいという方もいるかもしれません。直登は岩が大きく手がかりがないようなところもあるのでかなり難儀するとの事でしたが、登りがいがあるそうです。でも下りには使いたくない・・・と直登を登ってきた方の山頂での談でした。
b0116703_13205743.jpg
この白砂・・・歩きづらいっすう。
b0116703_1321446.jpg
どうにかお花に慰められ、甲斐駒ケ岳特有の白い斜面を登ります。下から見えてたあの斜面にへばりついてるのね。
b0116703_13212319.jpg
白い道は空へと繋がっていて・・・
b0116703_13213122.jpg
摩利支天への分岐に着きます。ガスってたら道間違えそう。とりあえず先に甲斐駒ケ岳山頂に向かうことにします。
b0116703_13213842.jpg
結構な斜面にジグザグの道がついています。登れど・・・頂上に近づかない。ため息が出そう。
b0116703_13214640.jpg
おっと。山頂にある祠がちらりと見えてきました。あそこが憧れの頂です☆いきなり力が出てきます。
b0116703_13215468.jpg
そ・し・て。
甲斐駒ケ岳に登頂!!やったね。
ここでようやくお昼ご飯。ほとんどガスに包まれていましたが、この充実感はタマリマセンね。思わずぼーっとしてしまいました。
でもあまり下山時間を考えるとのんびりもしてられません。多分一緒に山頂にいた数組が本日最後の甲斐駒ケ岳登頂者集団になるのでしょうね。それぞれに急ぎ下りて行きます。
b0116703_13221100.jpg
摩利支天分岐に戻って来ましたが、ひいパンダは甲斐駒ケ岳に登れたことで満足していることと、一緒に行くと今後の時間がとんでもなくロスしそうだったので、さ~隊長のみで行ってもらいます。
さすがさ~隊長!小走りに行って山頂写真などバシャバシャ撮っても20分足らずで戻ってきました。日頃ひいパンダが待たせているのが良く分かります。。。
b0116703_1322983.jpg
駒津峰まで戻ってきて今度は仙水峠に戻るのではなく、双児山経由で北沢峠を目指します。最初は稜線上を歩いて途中からハイマツが茂る斜面を下ります。
この下りが曲者!意外に石がゴロゴロして歩きづらい。時に滑ってしまいます。双児山までの登り返しがあって更にかなり体力を消耗しました。大分陽射しが傾いてきました。
b0116703_13221749.jpg
双児山からの下りはとにかくジグザグに樹林帯の中を下ります。この下りもとっても辛い!飽きてしまいました。
甲斐駒ケ岳で何回か抜きつ抜かれつした人たちもみな「地図に載ってる駒津峰から双児山経由の下山コースタイムはもっと長くてもいいくらい!」とのことです。確かにその通り!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------

北沢峠に戻ってきたのは16時過ぎ。大満足の長い1日が終わりました。。。

テント場に戻ってくると朝来た時よりもっと沢山のカラフルテントの花が咲いていて、皆さんご飯準備をしていました。良い匂い~♪

ご近所さんから「お疲れ様~♪」の言葉に癒されます。

チームパンダも急ぎ片付けと夕食準備を開始。
本日は2種類のパスタを作って、かき玉を作って、ミニトマトを食べて・・・。お腹一杯☆

ようやく一息つくことが出来ました。
ごはんの片づけをしていると山頂であったご夫婦と再会。駒仙小屋に泊まっているそう。ご夫婦が戻られたのは17時半近くだったそう。「あら~、早かったねえ!」と言われました。へへへ。

夜は昨日の寝不足がたたり、あっという間に睡魔に襲われまして・・・zzz・・・zzz。。。
意外にテントは過しやすいですね。かなり気に入りましたヨン。
シュラフも快適でした!暑がりさ~隊長はシュラフカバー+シュラフシーツで十分だったそうです。

明日の仙丈ケ岳に向けて英気を養うこととします。
さ~隊長は甲斐駒ケ岳が楽しみとの事でしたが、ひいパンダは仙丈ケ岳を特に楽しみにしていました。はあああああ、明日も楽しみ☆
では、オヤスミナサイ。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-25 23:55 | パンダのやまのぼり2008。

今夏メインイベント第1弾に出発!

いよいよ行って来ます。

多分忘れ物はないかな???

荷物重→っ!!!

まずは楽しんできます!!

いい天気、すばらしい展望に出会えますように。

さあ!ゴーゴゴー♪ +.゚(*´∀`)b゚+.゚

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-25 00:00 | パンダのつぶやき。

ここまで刺されるか!?

なんでかな。

ひいパンダはよく蚊に刺されます。

今なんて。

お風呂から出てきて部屋に帰ってきて・・・明日の用意して・・・布団に入って・・・なんてしている間に、足に2箇所・腕に3箇所刺されちょります。

特に窓を開けっぱなしにしていることはないんだけどなあ。

そりゃ。

体温高めですよ。
汗っかきのほうですよ。

でも・・・刺しすぎです!!

もうちょっとお手柔らかに・・・なんて願ってしまいます。トホホ・・・。

 ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚
                      今日もポチリいただけるとうれしいデス ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                                    
[PR]

by piropom510 | 2008-07-24 01:15 | パンダのつぶやき。