「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

台風に負けた。

どもども~~~。
ひいパンダですう☆


せっかく連休にした週末、台風に挑みましたが見事敗れ去りました。




北東北まで足を伸ばしましたが~~~、1山のみとなってしまいました。。。




台風にともなう悪天候時に無理に登らなくても、またの機会があるさ!という判断でした。


もちろん、地元の美味しいものは食べないともったいないという事で今回選んだのは「盛岡冷麺」!




一口食べて感じたこと。




「おいおい。何なんですか、このコシの強さは!!」



モグッてしても噛み切れないというか、反発してくる強さがはんぱない!

冷麺好きなチームパンダ、とっても驚きました~~~♪
そしておいしかったよん☆




細かい山レポは頑張って早めにアップしようと思います。応援してください☆


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-31 23:35 | パンダのつぶやき。

地球まん丸 岩手山

夏休みの休暇をちょっとずつ分けて取っているので、実はこの週も3連休にしていました。

ですが。

悲しいかな、台風が近づいてきているとのこと。

土曜日から出かけようかと思ったのですが、微妙な天気に行きそびれてしまい…でも意外とこの日は天気が持ったようで…残念残念。
ということで日曜・月曜日と出掛けることにしました。

でも、やっぱり台風がどんどん近づいてきているみたい。

逃げるためには西にとことん行くか、東北にとことん行くかとなりまして、選択したのは北東北。
2日で2山登れたらラッキーだったのですが、やっぱり天気は下り坂で日曜日だけ登ってきました。
北東北まで行ったのにねえ~~~。
もったいなかったけど、無理は禁物ですからね~。

北東北にはたくさん素敵なお山がありますが、どこに行くかと悩んだ時、あのひろさん&あっこさんが最近アップしていた岩手山を思い出しまして...行っちゃってみる???...ってことになりまして。


はい、岩手山に登ったよの巻。始まり始まり~~~!!


さ~隊長のささっと運転のかいがあって、無事東北道を走破し、無事岩手県に入りました。
こんなに長い距離をずばっと1人で運転してくれて、大変ありがたく思っています。
ひいパンダは運転苦手だからな~って逃げてばっかり。
そして夢の中~♪でして。
どうにか早朝からしっかり歩けるのも、寝かせてもらっているからだなっとつくづく思います。

さて今回の登山口は馬返というところ。
岩手山は2000mちょっとの標高ですが、スタートの馬返しが630m。
下調べがあんまりしていないので、どんなコースかイマイチ分からない中、1400m登るって。。。

大丈夫かい?ひいパンダ。

…うん、かな~り不安だよ。

気を取り直しまして。
駐車場はとっても広いです。
b0116703_884260.jpg
ここからこれから向かう岩手山が見えます。
天気がどうぞ持ちますように・・・。
b0116703_885693.jpg
駐車場から登山口があります。この奥の小屋がトイレ。
この周りはキャンプ場になっていて、広い草地のテントサイトと炊飯が出来る施設があります。
b0116703_891696.jpg
その中をテクテクゆる~く登っていきます。
b0116703_893233.jpg
テントサイトを抜けると、またまた新しいトイレ。
b0116703_894621.jpg
そして水場があります。
b0116703_810169.jpg
へえ~、柳沢コースと言うんだ~。旧道と新道ってあるんだ。
どう違うんだろ?
ちゃんとひろさん&あっこさんのレポ読み直しておけば良かったな。
ま、とにかく頑張らないと!
b0116703_8101693.jpg
さ~隊長はやる気満々!今日は(も、だけどね。)食材は持ってもらっているので、ひいパンダのザックの中は必要最小限のものしか入っていないので軽いです、はい。
b0116703_8103231.jpg
こんな可愛い看板がところどころでお出迎えしてくれます。
はい、気をつけて行ってきます。
b0116703_8105081.jpg
じめっとした道をゆるりと登っていきます。
ゆるりながら汗っかきひいパンダは汗がダクダクです。。。
b0116703_811590.jpg
景色が時折ひらけているところがあるので、振り返り振り返り進みまして。
b0116703_8111661.jpg
ここは0.5合目。
ここも旧道と新道どちらもありますが、結局どちらを選んでも問題ないようです。
新道を使う方が多かったので、行きは新道を進むことになりました。
b0116703_8113139.jpg
木段や木の根が張り出しているところが多くて、ちと歩きにくい。
b0116703_8114636.jpg
するとようやく1合目。
ここまでが結構長い!これからもこの調子で~合目と続くなら…一体いつ山頂に着くのでしょう。。。ちと心配になってきます。。。
b0116703_812222.jpg
1合目を越え少し登ると急にぱっと明るくなります。
長い木段に一瞬たじろぎますが、そんなにきつくはありません。
ここら辺はお花が咲いていたりして、ちょっと気分転換が出来ます。
b0116703_8121784.jpg
秋を感じさせる風情が。
b0116703_8123232.jpg
ここは下界が一望できるのがいいですね☆
b0116703_812444.jpg
ひらけたところの上部が2合目。
あ、この距離で2合目になるなら、頂上まで長すぎるってことはないかなって思えます。
b0116703_813091.jpg
2.5合目に入ると旧道と新道の分岐です。
近くにいたおじ様の話曰く。
旧道は見通し抜群の、ガレ場の一直線の急登りとのこと。
新道は見通しはきかなく、つづら織りの時折段差のある登りとのこと。
はい、登りは新道で行きましょう!と言ったのはひいパンダ。
さ~隊長は旧道が良かったっぽいけど、弱い者の意見を聞いてもらいましょう。
b0116703_8131744.jpg
b0116703_8133055.jpg
b0116703_8134555.jpg
ここから次第に体力&気力が奪われるひいパンダ。さ~隊長には申し訳ないけど、亀歩きになってきました。
b0116703_814076.jpg
b0116703_8141326.jpg
b0116703_8142687.jpg
b0116703_8144263.jpg
立ち止まっては写真を撮り…ってこんなことをして休憩をしていたりして。
さ~隊長には立ち止まると余計疲れるから、ゆっくりでも歩きなさい!と指導を受けますが、体が言う事をきかないんですよ、これが。
b0116703_8145268.jpg
~合目の数が増えてくるのを励みにして登ります。
なんか今日はヘタるのが早く感じます。
景色がいいところに座りやすい石がありますので、行動食を食べながら休憩をしていると、すれ違ったおば様とお話しすることに。
地元の方らしく、どこかの縦走前は、この岩手山に登っておくと登山体を作れるとのこと。
確かに…とひいパンダは思いました。
b0116703_815627.jpg
ちょうどこの7合目前がきつく感じましたが、傾斜が緩くなってくるとようやくこのコースで一息つけるって感じです。
b0116703_8152112.jpg
7合目を過ぎると、だだっ広いところに出て、岩手山の山頂が良く見えてきます。
この7合目辺りで旧道と新道は合わさります。
b0116703_8153334.jpg
下界がぐるっと見えます。関東の山に登った時には、下界を見るとゴルフ場ってことが結構多いけど、この岩手山はというと演習場と牧場がどどんと見えます。
所変われば…ですね。
b0116703_8154465.jpg
8合目にある避難小屋までは緩い登りでのんびり歩けます。
花の時期ならお花に囲まれていたことでしょうね。
どことなくもう秋の風情となった景色を見ながら思いました。
b0116703_8155624.jpg
ようやく避難小屋に着きました。
ベンチがたくさんあります。
そしてさ~隊長後方にはじゃんじゃん水が湧いていました。冷たかったよ♪
b0116703_816948.jpg
避難小屋はとっても広いです。
なおかつこの建物の横には大きい立派なトイレがあります。
しかもとっても綺麗☆
トイレットペーパーまでありました。
要協力金です。
ザックを下ろしてぼ~~~っとしてしまうひいパンダ。
今日は本当バテバテです。
でも多分地図上のここまでのコースタイムは3時間半ちょっとなのですが、チームパンダはここまでで3時間。
なんやかんやと頑張って歩いている模様です。
自分を褒めてあげよう。
b0116703_8162158.jpg
ひいパンダはここにザックをデポって歩くことにします。
さ~隊長には貴重品を持ってもらいました。ありがとう☆
はい、登って感動してきます!!!
b0116703_8163733.jpg
不動平まではほんの緩い登りの道。
花の時期はいいんだろうなあ。
b0116703_8165082.jpg

b0116703_8173014.jpg
b0116703_8174627.jpg
不動平に到着。
左手には不動平避難小屋とベンチたくさんが見えます。
鬼ヶ城方面にも登れるようです。
今日は右手の岩手山に向かいますよう。
b0116703_818162.jpg
登り始めて少しするとお釜に上がるために右手・左手に分かれます。
チームパンダはお釜を一周したかったので、左手を選択。
この道がなんとも足の取られる道でしてかなり大変でした。。。
b0116703_8181113.jpg
お釜の淵に立ちました。あと少しで山頂ですよ。
b0116703_818227.jpg
お釜の真ん中に小高いお山が。そこの山頂にはケルンが積んであるのが見えました。
b0116703_8183249.jpg
左手には湖が。
御釜湖と御苗代湖どっちだろ!?
b0116703_8184482.jpg
かなり疲れてはいるけど、山頂の標識が見えると少しずつでも足早になってきます。
b0116703_8185533.jpg
はい、山頂に到着☆
青空と共にとはいかなかったけど、曇っていても下界を見渡すことが出来て良かった良かった♪
b0116703_819616.jpg
あ、先ほどのお釜の中の山だ。
なんか…ちょっと…ね~~~…。
b0116703_8191532.jpg
さ~隊長も360度写真を撮りまくっています。
(もちろん、あのお山も撮っていましたねえ。。。)
自分の眼でもカメラを通しても、山頂から見る景色はワイドでどこか丸みを帯びていました。
地球は丸いんですね…改めて実感!
b0116703_8192523.jpg
お釜一周のコースを下ります。
結構道から外れた斜面は急な角度でして。コワッ!!
転がったら止まれなそう。
b0116703_8193733.jpg
振り返るとさ~隊長がこっちを撮っているので、写真の撮り合いをしたりして遊びます。
b0116703_8195033.jpg
やっぱり気になるね、このお山。
ケルンがあるから登った人がいて、石をのせているんだろうケド。
きっととあるものを想像している人は多いと思われ。ん~~~。
b0116703_820141.jpg
このお釜の道にはお地蔵様が一杯置いてありました。
b0116703_8201138.jpg
お釜の淵からさっきいた8合目非難小屋が見えましたよ~!
b0116703_8202361.jpg
さ、そろそろお釜1周の旅が終了します。
b0116703_8203949.jpg
反対側のお釜の淵には歩く人の姿が見えました。
b0116703_8204953.jpg
ここから不動平に下りていきます。なんかようやく下り坂が始まったという感じです。
今まで登り道ばっかりだったから新鮮です☆
b0116703_8205950.jpg
盛岡市街地もよく見渡せました。
盛岡といえば3大麺がありますね。
盛岡冷麺・わんこそば・ジャジャ麺。
どれかはしっかり食べて帰ろうっと☆
b0116703_821994.jpg
あれ、さ~隊長がまだ下りてこない。
あ~~~。さ~隊長も名残惜しそうに写真を撮っています。
b0116703_8211917.jpg
いつかこっちの鬼ヶ城にも行ってみたい…ような…岩ゴロしているけどね。
b0116703_8213222.jpg
8合目非難小屋に着いたらお昼ご飯を食べることに。
風が冷たいので、小屋のヘリにあるベンチでご飯を食べました。
手抜きのカップラーメンでしたが、お山で食べるカップラーメンの美味しいことっていったら♪


そうそう。
この避難小屋でしゃべっている時にこれから使えそうな文句が思いついたのです。
ひいパンダ、毎度のことですがバテ気味になることしばしば。
そのバテ感っていうのも色々な程度があるのですが。
さ~隊長とは長い付き合いなので、受け答えや表情で読み取ってもらっているけど、余裕がなくなるとケンカ気味になってしまうこともあって。
そこでふと言った言葉が、

「もう、ネロっちゃったよ。。。」

です。

皆さん「フランダースの犬」っていうアニメをご存知でしょうか?
ひいパンダはリアルタイム派ではないのですが、再放送やアニメ特集番組で最終回の主人公ネロが<もうどうにもならなくなって…憧れの教会で倒れて…パトラッシュが来てくれて…天使が来て…>って場面を覚えていまして。
その様子になぞらえて、ネロ的な感じになっちゃったよ(力尽きそうだよ・・・)とアピールした訳です。
ネロさんにはこんな使い方をしてしまって申し訳ないけど…本当ふと思いついたのがこのフレーズなんです。

これをつぶやいたら、ちと冷ややかだったムードに笑いが入って場が温かくなったのでした。

ちなみに活用形がありまして。
ひいパンダ(普通形)>ヘロパンダ(軟弱形)>ネロパンダ(バテ形)
となっております。
時折文面でこの文字たちを見つけたら、ひいパンダの疲労度を推し量っていただけると思います。

話がおおいに脱線しました!スミマセン!!


帰り道…さ~隊長が言い出します。
「旧道から帰ろうよ!」とな。
え~~~。ガレ場の下りは嫌だよ~~~。
新道でいいじゃん。嫌だからね。

そして最終的に歩いた道は旧道。(←負けた。)
同じ道を下りる気満々だったひいパンダは、小屋を出る時にカメラを閉まっていました。
なので旧道の風景がまったくな~し!!
言葉で表すと。
旧道の雰囲気はとにかくババンと見通しのいい景色の中、足場に気をつけてぐんぐん下りていく感じです。
ひいパンダはこういう道は苦手なので、ちょっとな~~~って感じでしたが、さ~隊長はルンルンでした。
b0116703_8214210.jpg
そして頑張って2.5合目で新道と合流して駐車場に。
夕暮れ間近な岩手山に別れを告げました。

-----------------

本当は翌日の天気さえ良ければ「八幡平」「秋田駒ケ岳」など行きたかったのだけど。

天気予報は台風の影響で明日は雨マークがしっかりついていました。
でも曇りマークもある…迷いに迷ったけど、月曜日に帰るとなると1000円の恩恵は受けられないので、せっかくの北東北の遠出ですが日曜日中に高速に入って、PAで仮眠しながらのんびり月曜日に帰る計画に変更しました。

帰ると決まったらとりあえず盛岡市街地方面にGO!!
盛岡市街地の中を入ると(全然規模が違うけど)どことなく熊谷市街地に作りが似ていたような…規模が違いますからね、念のため。

市街地にわざわざ来たのは何の為だって!?
そりゃ美味しいものを食べて帰るのさっ。

3大麺の内、どれを食べるか迷いましたが、2人して大好きな冷麺に決定☆
ガイド本を立ち読みして、チェーン店でないご当地のお店にしました。
冷麺が出るお店ということは基本焼肉屋さんです。

色々迷って選んだのが「髭(ひげ)」さんです。
盛岡駅から46号線を雫石方面に向かい車で約20分ほど、大きな看板が目印のお店です。

店内に入ってお腹が減っていたのでひと通りお肉とご飯を頼み、品物が届くまで周りのテーブルを観察していると、どのテーブルも冷麺を頼んでいました。

こりゃ、期待しちゃうなあ~☆

お肉を味わい、〆の冷麺を頼みました。
食べて驚き!!


噛み切れない・・・・・・・・モゴモゴ・・・・・・・・。


でもこの尋常じゃないコシが癖になりそうです。
汁はあっさりしていて、すでに酢が入っているような酸味を感じました。

食べ応えがあります!!!

そして結構辛味のキムチが最初から投入されていることが多い冷麺ですが、こちらは別の容器に入ってきてお好みに合わせて入れるシステムでした。
白菜ではなく、大根(!?)のキムチでした。
かな~り辛いですが、私は器に投入するだけでなくこれだけで食べてみたりしました。

また食べたいなあ~~~って思える冷麺でした。

お近くに行かれたら是非寄ってみてくださいね☆★☆

。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-30 23:55 | パンダのやまのぼり2009。

go!go!

天気とにらめっこは疲れました。



もう北に向かう方向がいいかな???




ではもう少ししたら出かけています。



天気がどうにかなりますように。



カッパさんのお世話になりませんように。


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-29 15:39 | パンダのつぶやき。

ダウニー。

本当は今日の夜から山に向かってGO!!だったのですが、体が睡眠を欲していたのと天気が微妙なので1日ずらして日曜日と月曜日にお出掛けしてきます。

でもって。

今日はこちらが送られてきました。



柔軟剤のダウニーです。



以前から気になっていたのですが…しばらく手が出ずにいました。

ダウニーは超初心者なのでどんな感じになのか気になりますが、さすが海外製なので香りが強いようです。
しかもアメリカ・メキシコ・アジア(ベトナム)ダウニーなど地域で香りの強さが更に違うらしい。。。
日本の柔軟剤よりお値段は高めだけど根強い人気があるとのこと。。。





むむ、私には分かりませぬ・・・





人気の香りはエイプリルフレッシュらしい。
でも種類がたくさんあるといことは、香りも一杯ありすぎて、どれにしよう。

実際に香りを感じてから買った方がいいのかもしれないけど、身近にはそんなに種類が売っていないので確認できず。

よし!今回はこれにしました。


b0116703_1531979.jpg














ダウニー ウィズ ファブリーズ(メデュー&レイン)


決め手はというと、ダウニー初心者でも不快に感じないくらいに強くない香り。
甘すぎない香りで中性的で男性でも抵抗感なく使える。

そしてこちらは消臭効果のあるファブリーズとのコラボとのこと。
汗っかきのひいパンダにはかなり惹かれるものがありました。



早速試した結果は。


うん。私は嫌いじゃない。
量を調節すれば匂いも強すぎないし、なかなかいいかも。
あとは汗をかいた時に不快なにおいが押さえられれば・・・


も~まんたいでゴザイマス!!


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-28 23:43 | パンダのつぶやき。

今週末は???

おはようございます。



ひいパンダです~~~~~☆




とりあえず今日は出勤時間が少し遅めなのでまだ自宅です。

って、その分帰りが遅くなるってことなんだけど・・・。





朝晴れた空を見て「今週末どこに行こうかな~~~?」って考えていました。



もちろん、山ですよ山。



でもね~、なんでか週末になると天候が不安定になる傾向があります。
行きたい山梨・長野方面は今のところ太陽が拝めるかな~、景色が見えるかな~って感じです。



どうしようかな?
皆さんはどちらに行きますか???


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-27 08:28 | パンダのつぶやき。

またしても品切れ。

今日は帰りにドラックストアに行きました。

マスクは前回の騒動の後に少し買っておいたので、もし売ってなくっても焦らなくて大丈夫だなと思っていました。

で、今回は手洗い用ではなくて玄関先とかに「しゅっ!」として消毒できるものを買いたいなと思いました。

でもね。





これがまたもや売り切れです。。。





うがいや手洗いをしっかりすればいいんだけど、やっぱり昨今の新型さんの流行は心配でもあります。

仕事柄、自分でも自分の同居の家族でも罹ったらしばらくお休みするようにと言われているので。



もうすぐ9月。
学校が始まるとどうなるのか???
皆様、お気をつけ下さいね☆


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-26 22:28 | パンダのつぶやき。

夏の終わり。

おはようございます。


ひいパンダです。




今朝たまたま早く目が覚めました。

4時45分。

もう少し時期が前ならもう空が明るくなりつつある感じだったのに、まだ夜空でした。


あ~~~。秋に近づいているそんな気持ちになりました。



そして窓を開けるとひんやりとした空気が流れ込んできました。




あ~~~。秋に近づいているそんな気持ちに更になりました。




。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-25 07:40 | パンダのつぶやき。

プールで思うこと。

久々に夕方仕事場で空を見上げると、どんどん黒い雲が空を覆ってきて夕立がありました。

ひさびさにこんな感じを味わいました。



さて。


最近プールで子ども達を見ることがあるんだけど、自分は一体どれくらい泳げるのかな~~~ってふと思いました。


小さい頃はそれなりに泳げました。

ちょっとの間スイミングに行ってましたし。




そして今はといいますと…なんでだか泳ぎに自信がありません。


平泳ぎは出来ると思いますが、クロールが大丈夫かな~~~。

息継ぎがバタ足が手の回しが上手に出来るでしょうか?!



今は山ばかり行くので泳ぐ機会がまったくなくなりました。

もし緊急事態が生じた時は火事場のなんとかでやれるとは思うけど…。



泳ぐの苦手な人は手をあ~げて!(笑)なんてね☆


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-24 22:41 | パンダのつぶやき。

地球の呼吸 焼岳

まずは焼岳のお話しに入る前に前日から登山口までのアプローチ話から。


前日、御嶽山に登り大満足だったチームパンダ。
次の日は硫黄臭繋がりで(ってことはないけど。)焼岳に登ることに決めていました。

下道でせっせと移動をするのですが、途中歴史探訪好きのさ~隊長のアンテナが動いてしまって、木曽義仲が過ごしていたとされる地域に立ち寄ることになったのでした。

ひいパンダ的には温泉に早く入りたい・・・そんな思いで一杯なのですが、めったに来れないんだからと言われると、それもそうか仕方ないな~なんて思って。
ひいパンダはちと体調が良くなかった事もあって、車内で待機をして待っていました。
3ヶ所回ってだいたい1時間半ちょっとたったくらいで終了。


この立ち寄りをしたおかげで、この後が実は大変だったのです!!


地図を見ていると、現在いるR19の木祖村の薮原地区から県道に入って境峠をこえて奈川渡ダム近辺に出るショートカットルートがあるのに気づきました。
最初はR19で温泉に入りつつ塩尻・松本に出てご飯を食べたり調達してから、もう一度上高地方面に車を走らせようと思っていたので、ナイスアイディア☆でした。


ただ問題が…。


なにせ村なものですぐにコンビニもありません。(←どっかにコンビニがあったり、商店があったりするのかもしれないけど、探す時間的精神的余裕がありませんでした。)

食事するところも適当なところが目に入りません。(←どっかに人気の定食屋さんとかあったりするのかもしれないけど、探す時間的精神的余裕がありませんでした。)

すでに17時を越えていまして、日帰り温泉も受付時間が気になる頃になっています。



この時点でまったく地域情報がない状態でした。



そこでさ~隊長は、近くの道の駅に電話して情報収集をすることに。


まず日帰りできる温泉について。

すると案内をしてくださった女性が親切な方で、地域(管轄)外のエリアも探してくれ、その県道方面の温泉のある施設を紹介してくれました。

早速電話してみると7時までとのこと。
急げば間に合うか!?
出来れば入りたい…汗臭いまま寝るのはちと悲しい…。
でも目標が決まったことは何だか心強かった。


次に知りたいのは食料をゲットできるところ。


出来るだけルート上で見つけたい。そうしないと温泉に間に合わない!!

そこで教えていただいた温泉施設に連絡した時「近くにスーパーはありますか?」と尋ねてみると、施設周辺にはスーパーはないのですが、ラッキーなことに今向かおうとしている県道沿いに、しかもこの木祖村にスーパーがあるとのこと。
営業時間は分からないけど…とのことでしたが、まだ7時になっていない時間だから大丈夫と判断しました。


早速、そのスーパーを探します。


あ、ありました!!


その素敵なオアシスのような地元スーパーの名は「なるとじゃないよ まるとだよ。」(←覚えやすいようにチームパンダでこんな呪文を作ってみただけ。)と覚えてください。

「まると」さんといいます。ひらがなかカタカナか忘れちゃいましたが。

食べ物など必要なものはしっかり揃います。
惣菜ゾーンは地元独特の物も置いてあり、見ているのも楽しめます。



さて、最大の難所「食料」もゲットできました。


あとは温泉だっ!


この時点で7時のリミットまであと35分ちょっと。
間に合うのか~!?
だって峠越えが待っているのですよ。
苦手なクネクネ道だろうし。

とりあえずさ~隊長の運転にゆだねまして、一路とある温泉エリアまで移動します。


境峠を過ぎ、野麦峠スキー場入り口近辺の温泉エリアに到着しました。
看板を頼りにその施設に到着します。
さ~隊長、頑張りました。なんとあと5分を切るという所で間に合いました。


さ~隊長に先に受付に行ってもらいます。


Σ(O_O;)Shock!!



・・・実はこの施設の受付終了時間は6時半だったのです!!(←だいたい他の施設でも同じく6時半が受付終了時間と言われてた。)

でもね、ここの受付の方が大丈夫ですよ!とオッケーを出してくださったのです。
2人して必死でなんとなくヨレヨレの雰囲気漂う感じで現れたから、ついつい許してくださったのでしょうか…




(*- -)(*_ _)ペコリ☆ 神様に見えました・・・アリガトウゴザイマス・・・。




早速浴場に足を踏み入れると…両方とも貸切でございました☆(←当たり前か。)
外湯はありませんでしたが、もう十分です!最っ高です!!
ゆっくり汗を流すことが出来て、急いで出ないと!とは思っているのですが何だかのんびりとしちゃいました。

そんな親切な施設のお名前を書いてしまうと、ご迷惑がかかってしまうかもと思いまして今回は伏せておきます。



そしていよいよ今夜の寝床に向かいます。R158まで出まして、少し松本寄りに戻りますが「道の駅風穴の里」にて夕食をとった後、すぐに就寝しました。

「今日の1番の思いでは温泉に入れたこと~~~♪」なんていいながら・・・   (←なんじゃそりゃ。)

この道の駅では、お山に翌日向かうはずの車も他にもいらっしゃったでしょうね、たくさん車中泊されてました。
ここのトイレは綺麗で使いやすく、一応外に飲料用の湧き水(!?)があるので、水の確保も出来ますよ。


早朝にご飯を食べ、「新中の湯ルート」の登山口に向かいます。
上高地の玄関口の沢渡を過ぎ、マイカー規制がある釜トンネル前を安房トンネル方面に少し行くと右手につづら折りの旧道の入り口があり、そこを入っていきます。
くねくね進み、中の湯温泉旅館を過ぎますと、10台ほど止められる駐車場に到着です。
すでに到着時には駐車スペースは埋まっていましたが、道が広めなところがあるので交通のじゃまにならないように寄せて駐車しました。
他にも駐車スペースと反対側の壁沿いにも駐車していたり、この駐車スペースより先に車を進めてそっちの方で止めてから戻ってこられる方も多かったです。(先には見に行っていないので未確認ですが。)
駐車スペースをはじめコース上にはトイレはありませんのでご注意を!(多分。)

さあ、なんとなくゆるゆる準備をしている間にどんどんバスの団体さんが到着して先に出発していきます。
b0116703_8184859.jpg
焦らず焦らず、、、。
さあ、チームパンダも出発です。
午後の高速の渋滞にばっちりはまってしまう前に下りてこよう計画ですが、すでに出発がゆっくりめ。どうなることやら…。
b0116703_819435.jpg
駐車スペースからも日本の屋根の山並みが見えてテンション上がりますなあ。
b0116703_8191693.jpg
このルートは最初は平行のだら~っとしたなだらかな道。お話しながら楽に進みます。
が、急になってくるとしばらくの間は頑張って登っていかないといけません。
最初なので呼吸を整えながらゆっくりと歩き、体を「やまのぼり始まったよ!」と起こしてあげます。
b0116703_8293679.jpg
笹の多い道で、足元は階段状になっていたり、木の根が張り出して歩きづらかったりします。
b0116703_8193254.jpg
場所によってはグチャリな道もしばしば。
どこを通ろうか迷ってしまうところもありました。

実はこの最初の急登りが続くエリアを歩いていると、大分前に出発していた団体さんに追いついてしまったのです。
最初は急な道だし、あとを静かに着いて行こうとひいパンダ的には考えていたのですが、すぐに最後方につかれていたおじ様が気付かれて、先頭の方に「2名来たので先に行ってもらいます。ど~ぞ!」と無線で伝えています。

あちゃ~!そうです、これからこの急な登りで「お先にど~ぞ!」攻撃が始まるのです。
皆さんおやさしくて「自分のペースで登ってくださいね。」「大丈夫だから焦らずにね。」と言ってくださいました。

でもね、やっぱりいつものペースより頑張っちゃうんですよ。
汗もいつもよりたっぷり噴出してきます。
登れども登れども列は切れない感じでして…かな~~~りへばりつつある頃、この事態から脱出することが出来ました。
正直、しんどかった。。。
なので写真を撮る余裕はまったくこの間はありませんでした。

その後も、いくつかのパーティーを抜かさせてもらいつつ先を急ぎます。
b0116703_82038.jpg
急登りが終わって緩やかにグチャリ道を登っていくと展望地にでました。
出発してからおよそ1時間。
初っ端のダメージがあったにもかかわらず、調子は崩れていないようです。ここから正面にこれから行く道やもちろん山頂付近の様子が見えています。
今までが視界の効かない樹林帯歩きだったから、こう周りが見えてくるとテンションが上がってきます☆
b0116703_8201742.jpg
一息入れてから稜線に向かって登っていきます。段差が大きいところもあったり、岩も増えてくるので足元注意な感じです。
でも焼岳を見ながら…穂高を見ながら…ここを登ったら上高地が見えるぞと思いながら…足はどんどん山頂を目指します。
b0116703_820303.jpg
急だけど頑張るチームパンダっていうかひいパンダ。
マイペースは守りつつも意外に足は前に出る。
珍しく色々なグループさんを登りで追い抜いていくことになりました。
b0116703_8204473.jpg
b0116703_821228.jpg
いやいや楽しいね。うん、楽しい。
b0116703_8311495.jpg
振り返ると乗鞍方面かな~。
b0116703_8212722.jpg
登っていき一旦右の方に道はトラバース気味に上がっていき、更に登りつめると北峰と南峰の鞍部に到着しました。
こちらが南峰になりまして、写真で見るより急な岩のお山です。
踏み後はあるようでしたが、もちろん地図にルート表示がないし、立ち入り禁止と書いてあるので行きませんよ~。
南峰手前にはちと広場っぽくなっていて、休憩をゆっくりするのにちょうどよさそうでした。
b0116703_8214168.jpg
南峰の方が高さはあって、三角点もあるようですね。北峰が山頂標識があるようなのでそちらにトラバース気味に向かいます。
お~~~。硫黄臭いと思ったらモクモク出ていますね~~~。
b0116703_822171.jpg
上高地側からの登山道と合わさる鞍部です。隣のチビピーク上に人&わんこがいましたが、まずは北峰に!と思いまして先に進みます。
何でかといいますと、ここから先はちと岩を登っていかないといけません。
少しでも団体さんがいれば、上り下りが1カ所に集中するので時間がかかること間違いなし。
今なら流れが登りになっているので、今のうちに上がってしまったほうがいいと判断しました。
b0116703_8221669.jpg
こちらのモクモクの方が臭かった~。
この写真だけでも人が一杯いるのが分かりますよね。これがチームパンダが下山しようとする時には、も~~~っと団体さんが到着していて、人は一杯大渋滞寸前になっていました。
b0116703_8223096.jpg
そして焼岳山頂に辿り着き、穂高をバックに記念撮影!
やりました♪アリガトウ♪
スタートから山頂まででおよそ2時間半くらい。
うん。休憩も摂りながらだから大分頑張りました。
b0116703_8224139.jpg
槍っち方面。
b0116703_8225221.jpg
どどんと穂高さんたち。
b0116703_823494.jpg
火口の中の池。綺麗な色だね☆
b0116703_8231615.jpg
上高地ちゃ~~~ん!!
b0116703_8233379.jpg
霞沢くん☆
b0116703_8234539.jpg
乗鞍さんでしょうか?
b0116703_8235759.jpg
人で一杯の山頂をくるくる360度写真を撮りながら回っているチームパンダ。
相手を見失うこともしばしばでした(笑)。
b0116703_824995.jpg
あの奥に見えるは、今年辿り着けなかった蝶が岳さまでしょうか?!
大感動の中ご飯でも…と思ったのですが、ご飯の時間にはまだ早かったことと、晴れ予報だったのに曇りの上に風が冷たいということ、これから団体さんが上がってくるから込み合うだろうということを踏まえ、今日はひと休憩をとったら下山を開始することに。
名残惜しいけど、また違った角度から焼岳くんを見てみたい!そんな気持ちになりました。

今日はピストンなのでそのままスッタカタ~~~ッ♪♪♪て下ります。

ここでチームパンダは困ったさんに出会いました。

山頂下のトラバース気味の道のところで、チームパンダは「ストックカチカチおじさん」と名付けましたが、渋滞する列にイライラするのか岩にストックを当てて(ぶつけて)カチカチ音を必要以上に出し、なにやら威嚇するのです。
確かに前にいたグループが岩場のトラバース道で景色がいいからと立ち止まってしまっていて…という状況があったのですが、「ちっ!」と舌打ちをしつつブツブツ文句を言っています。
きっとチームパンダもその一員と思っているようです。

チームパンダは前のグループさんにも後のカチカチおじさんにも困ったな~でしたが、場所が場所なだけにスムーズに進むことだけを考えていた時!

このカチカチおじさん、なんと強引に山側から抜かしにかかったのです。
しかも確かに少し幅があるところでしたが、チームパンダが登りの人とすれ違いをしている時にやらかすのです。
カチカチおじさんの強引なラフプレーはちょっと見れたものでなく、登りのご夫婦の奥さんのザックにぶつかっていてちょっとよろけていたんですよ。危ないったら仕方ない!!
もっと嫌だなと思ったのは謝らないこと!


なにをそんなに急いでいるんですか・・・


あっという間に去っていきましたが、よ~~~く見ているとちょっと人で詰まったところに差し掛かるとカチカチしていたり、強引な下りをかましているようでした。何なんだかな~~~。

さ~隊長も同じように感じていたようで、カチカチおじさんがいなくなってから「あれはどうなんだろうねえ~~~。」と話し合っちゃいましたよ。
b0116703_8241931.jpg
それはさておきどんどん下ります。下っていくうちに朝一番に抜かせていただいたあの団体さんに出会いました。
あちらも気付いたようで「え~~~。もう行ってきたの~~~。早いねえ。」「山頂はどうでした~?」など少しお話をしました。
皆さんの顔は笑顔。笑顔。
やっぱり山ではこうでなくちゃいけませんね。
しかしいつも思うけど、女性陣は急な登りでもおしゃべりを普通のペースでしているのがすごいな~って。
ひいパンダは登りは無言に近いから…そのパワフルさに頭が下がります。

そうそう。
団体さんとすれ違ってしばらく経ったところで、あのカチカチおじさんが休憩されていました。
チームパンダも休憩したり、急ぐほどのペースで下りてきてはいなかったのですが、こんなところでまたすれ違うなら「もっとゆっくりした気持ちで下りればいいのに!」なんてふと感じちゃいましたよ。
でもってチームパンダ、このカチカチおじさんにはもう抜かれたくないね!なんて思っちゃったりして。
ま、休憩入れても最後まで抜かれることなく、しかも車に戻ってから後片付けを大分し終わった頃にカチカチおじさんが下山されたのを目撃しましたが・・・

山の中では少しずつ秋色の景色が近づいているようです。
b0116703_8243640.jpg
はいはい、下りてきました。
やった~~~!!お疲れ様☆
b0116703_8245142.jpg


この後の帰り道、お昼前には現地を出ていたので、上信越道経由でしたが渋滞に巻き込まれることなく帰ることが出来ました。
渋滞に巻き込まれないのは、やまのぼりで疲れた体には本当ありがたいですねえ。

この2日間、すっごく疲れた!という感じにはならなかったのは、ここ毎週やまのぼりに行けているからだろうと思います。
やっぱり夏山は事前に毎週しっかりやまのぼりをして体を作っておくべきだなと改めて思い直し、来年は夏前からしっかり歩く練習をしておこうと思いました。


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-23 23:55 | パンダのやまのぼり2009。

信仰の調べ 御嶽山

今日はどちらに~~~行こうかしら~~~って毎週考えているチームパンダ。
いまいちな週末が多いこの夏、エリアを選ぶのも一苦労。

みなさんも同じ感じでしょうか???

そんな中、選んだお山はこちら。
天気予報で週末晴れマークがついていたのを見逃さずやってきました『御嶽山』!!
王滝コース(田の原登山口)をチョイスしました。

広い駐車場です☆
こちらにはトイレもあります。
でもひいパンダがいつものように睡魔と仲良くしている間のスキー場の中を通る道はくねくねが長く続いて、さ~隊長は疲れた!って言ってました。

!!( ; ロ)゚ ゚ え!

またも天気予報に裏切られました。。。
はあああ。。。雨だよ~~~。。。
そう、5時頃着いた時には雨脚が強かったのです。

とりあえずちょっと様子を見てから出発することにしました。
カッパのお世話には出来ればなりたくないなあ~~~。

雨の中でも出発していく方も多くいらっしゃいました。

すると1時間もすると強風ながら雨は止み、曇り空になりました。

今がチャンス!と準備を急ぎ始めます。
b0116703_20464727.jpg
同じように雨が止んでから出発される方や車で到着される方が少しずつ増えてきました。
さすが信仰の山。衣装からして違う、目的もまたそれぞれな雰囲気です。
昔々は女人禁制のお山だったとか。
b0116703_2047069.jpg
さあ、行って見ましょう!
b0116703_20595615.jpg
最初はのんびり平らな道を進みます。
b0116703_2101954.jpg
遥拝所近くになってくると緩いながらも木段が出て来ます。
え、何だかもう凹んでいるの?!はやっ!!
いえいえ。いつも手をだらんとして歩くのがひいパンダのくせなんです。
ここで疲れてたら御嶽山なんて登れませんて。
b0116703_2103840.jpg
b0116703_2105415.jpg
b0116703_211861.jpg
b0116703_211255.jpg
鳥居などが出てきました。これから神様の近くに行くんだなって思わせてくれる光景です。この鳥居をくぐった後は雨上がりのグチャっていてところどころ水が流れている山道となっていきます。少しずつ段差は出てきましたが、さほど疲れる道ではありません。
b0116703_2114243.jpg
スタートから40分ほどでしょうか?
あかっぱげという場所に着きました。
確かに赤い?
意味が違うかしら??
b0116703_21243.jpg
これから歩いていく道が見えています。独立峰なのでとにかく登っていくんです。
b0116703_2122587.jpg
森林限界が近づいてくると木々が低くなってきます。強風が体に当たるので立ち止まると寒さが身に凍みます。。。
b0116703_2123886.jpg
振り返れば駐車場が丸見え。結構上がってきたけど、まだまだ先は長い。
b0116703_2125373.jpg
まだこの辺りは周りの景色が見えているので、登り道で疲れてても気分転換が出来ます。
b0116703_213556.jpg
が、この後白いガスに包まれた中を進むことになります。少しずつ周りの方もプラス1枚着こんで行っています。
b0116703_2131665.jpg
時折すれ違う白装束を着た方々が下りてきます。
よく見てください。
カッパもザックカバーもお揃いです。
何でだろ~~~。
b0116703_2133055.jpg
王滝の頂上までの間に避難小屋というか石室という名の小屋(!?)が2箇所ありました。
風も強かったので、この中には行って衣服の調節や休憩をしました。
そこでお話したおじ様たち曰く「昨日は上の小屋に泊まったけど、天候は駄目だったよ~。今も王滝から先が台風並みの強風が吹き荒れているよ。大変だよ。彼なら行けるだろうけど…頑張ってね。」と励まされてしまいました。
一体、この上の方はどんな状況になっているのでしょうか???
b0116703_2134277.jpg
ようやく王滝頂上小屋に到着しました。ここに着く手前が1番歩いていてきつく感じたところです。
傾斜もありますが、ごろった石が歩きにくかった~!
でも凹むほどではなかったのは気のせいかしら?(はい、気のせいです。)
b0116703_2135491.jpg
小屋横の階段を登ると御岳神社がお出迎え。ここは石垣に囲まれています。風から神社を守っているって事ですね。
ここから先が石室で会ったおじ様達が大変だと言っていたエリアになるわけです。
私達より先に出発していく人たちが持っている服を着込んでいく様子を見て、石垣から出た人たちが「おおっ!!」という声を挙げているのを聞いて、ただ事ではないのが分かりました。
もちチームパンダもフリースにカッパを着こんで出発。なぜか下のカッパは着ませんでした。
b0116703_218408.jpg
さあ、神社に安全祈願をしたらいよいよ出発です。
b0116703_2185288.jpg
うひっ!風、強っ!!
それに何にも見えないよ!!
時折体に当たる強風に体が持っていかれます。その度に立ち止まって体勢を整えます。
先の様子がまったく分からないので、どこまで歩けば着くのかな~なんて思いながら歩みを進めます。
b0116703_219234.jpg
岩ゴロ度が増すと頂上下の剣が峰山荘がぼ~っと見えてきました。
ってことはもう少し?
確かに風は強かったけど、雨にはほとんどならなかったし。
北岳の強風と雨、大天井岳に向かう道の大雨を経験した後だと、コレくらいなら大丈夫だな
~なんて思ってしまったり。
でも油断は禁物!!心して歩きます。
b0116703_2191123.jpg
剣が峰山荘のお兄さんに帰り道は最初は奥の院に行った方がいいかなと思っていたので色々聞いてみると、二の池を見ていった方がいいとアドバイスを受けそちらに行く方に心が動きます。。。
b0116703_2192173.jpg
さ、その前に山頂に行って来なくっちゃ。
って最後の最後にめちゃ整備された石段をがっしり登ります。
b0116703_2193038.jpg
「さ~隊長!ガスっててよく分からないけど頂上かな~?」
b0116703_2193930.jpg
お。鐘があった。
とりあえず鳴らしておこう。
「私はこ~こよ~~~~っ♪」
天候悪いのにテンションは妙に高かったりして。
b0116703_2194751.jpg
山頂標識がありました。やぱり山頂のようです。
オメデトウ!!
3000メートルあるようですが、景色がまったく見えないので実感がありません。。。
b0116703_219566.jpg
頂上の頂上神社に無事に着いた御礼をします。
この神社の横には社務所がしっかりあって、お札やお守りなどを売ってました。
ちょうど仲のよい友人が妊娠中なので、ふと見つけた安産のお守りをゲット!あとお札もね。
b0116703_2110678.jpg
一息入れた後はこれ以上待ってても雲は取れそうにないので、そそくさと下りることに決定。
b0116703_21101621.jpg
山頂にいる間に寒さが増してきて、展望もないし、ピストンしちゃっていいかな~~~って思ってたケド・・・。
迷うひいパンダ。
b0116703_2110258.jpg
でもって、結果的に団体さんの後にくっついて、二の池は見て行こうということに。ぐるっと一の池を経由しても行けるけど、二の池にダイレクトで行く道をチョイスしました。
二の池は日本で1番高いところにある池だそうです。
b0116703_21105757.jpg
ちと前の方のおば様がステンと綺麗に転びます。それも3人も。
「あ~、ひいパンダもいっちゃいそうだな~。」って思ってた早々に、綺麗にステンとしりもちをついてしまいました。
でも綺麗に転んだのでまったく痛くなく、予想通りな結果に思わず笑いが止まらなくなっちゃいました。
b0116703_2111996.jpg
ざれた道を下ってくると左手に青い池が見えてきました。コレが二の池です。
b0116703_21112228.jpg
王滝頂上に向かう道との分岐を二の池に向かって下りていきます。
不思議な色だな~。
b0116703_21113217.jpg
二の池が見渡せるところにまたも鐘が!もちろん鳴らしときますよ。
b0116703_21114210.jpg
更に二の池小屋近くには鳥居と万年雪が身近で見えます。
この青さ、吸い込まれそうなほどの青でした。
b0116703_21115489.jpg
二の池を堪能した後は王滝への分岐まで戻って山腹をトラバースする道を進みます。
b0116703_21121181.jpg
まったく登ったり下ったりする道ではありません。平行の道です。
b0116703_21122413.jpg
この辺りから少しずつ雲が切れ始めてきて周りの景色が見えるようになってきました。
b0116703_21123818.jpg
このトラバース道は岩ゴロのざれた中に作られているので、一応上からの落石に注意して進んだ方がいいような気がしました。
道自体もさほど広く感じなかったかな。
b0116703_2112525.jpg
てくてく歩くとさ~隊長からポーズを遠くから求められるので、とりあえず変なポーズで応戦。
b0116703_2113666.jpg
見上げると青空も見えてきました。これを待っていたんですよう☆
b0116703_21131858.jpg
王滝まで戻ってきました。
このコースはピストンだとちょっと物足りない方にはオススメできます。
ほう。まだまだ山頂を目指している方がいますね。
老若男女、家族連れ・友だち・ご夫婦・単独など形態は様々ですね。
b0116703_21133235.jpg
山頂方面が一瞬ガスが切れて見ることが出来ました。
どんな景色が待ってたんだろうなあ~。
b0116703_21134344.jpg
王滝頂上小屋にてトイレ休憩。その間に奥の院方面を眺めます。
風もまだまだ強いし、ガスっているので今回はパスすることにしました。
b0116703_21135481.jpg
ここから一気に下ります。でもお昼ご飯も食べたいので、ちょうどいい場所を探しながらの下りです。
b0116703_2114981.jpg
周りも雲が切れて青空が出てきました。
な~んて気持ちいいんでしょうか~~~・・・。。。
b0116703_21141956.jpg
登山道の脇には結構切り立った崖が広がっていました。行きはガスってて何にも分からなかったところです。
こうなっていたのね。
b0116703_2114345.jpg
高度を下げるごとに景色が好転してきます。
ついつい何度も振り返って「今、山頂はどうなってるかな~?」って言ってました。
b0116703_21144823.jpg
ま、こんな景色を見ながら下りれるんだからよしとしまようか。
b0116703_21145938.jpg
ここは一口水というところ。
ここはちょっと広場っぽくなっていたのでここでご飯休憩をすることにしました。
b0116703_21151585.jpg
フリーズドライのカレースープにパンを浸して食べました。
こんなにゆっくりと昼食を摂ったのは久々だな~。
b0116703_21152855.jpg
モグモグ食べていると…遠くの方からなにやら唱える声が聞こえてきます。
耳を澄ますと…
♪ 六根清浄、お山は快晴。六根清浄、登らせ給え。 ♪とリズム(!?)にのった声が聞こえます。
b0116703_2115427.jpg
心と魂を清めにいらした方たちでした。
皆さんを先導している方が最初に言って他の方が言葉を繰り返す感じでしたが、先導の方の安定した声に何か極めているなあ~なんて思っちゃいました。
だって私なら「はーはーひーひー」言って唱えられそうにないですもん。
この深い声はすれ違った後、その方たちがどんどん上に行っても、風に乗って声がチームパンダの耳に聞こえていました。
これが信仰の山「御嶽山」の姿なんですね。
b0116703_21155650.jpg
どんどん高度を下げていきます。
なんだかもう終わりなのかという寂しい思いにとらわれる時間です。
b0116703_2116769.jpg
でもこの青空の中最後は歩けてうれしさで一杯です☆
b0116703_2116212.jpg
振り返ると御嶽山の全容がどどんと見えてました。
これに登ったのか~っ♪
自分てやるじゃん!な~んてね。
b0116703_2116362.jpg
そんなこんなで実際かかったトータル時間は休憩込みでも標準コースタイムよりは早く下りてきたので、体調が良く気分よく登ったんだと思います。
b0116703_21165314.jpg
帰り道、御嶽山の反対側に中央アルプスの木曽駒ヶ岳や宝剣岳などの山並みが綺麗に見えました。
今年はそちらには行っていないけど、綺麗な山容に目を奪われました。
またいつか行くからねっ!


。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆  ポチリお願いします♪ ☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o。o+゚☆゚+o。o
[PR]

by piropom510 | 2009-08-22 23:55 | パンダのやまのぼり2009。