ハシゴをテクテク。 石裂山

GW後半のウップンを晴らすような晴れ間が期待できる週末になりました。
いつもなら週末どちらかオンリーのやまのぼりになるところですが、せっかくなので両日違ったイメージのお山に向かうことにしました。
今日は東北道をちょいと走りまして参りましたのはこちら。
「石裂山」でございます。
読み方は「いしさけやま」じゃないよ!「おざくやま」と言います。
ミニミニ馬蹄形に回れることと、岩場・ハシゴとなかなか楽しめるらしいです。(←ひいパンダ的には妙な汗が出るコースと言えますが...)
b0116703_19362650.jpg
駐車場はこちら。10数台は止められるかな?
すでに9時を過ぎているので陽射しは強いのですが、ここは沢が近くにあるのと立派な杉(?)の木が沢山あるせいか陽射しを遮ってくれるので、とっても気持ちよい空気に包まれています。
b0116703_19364247.jpg
警告ですって!
よく読むとどっきりします。。。
はい、気をつけて行くことにしましょう。
b0116703_19365219.jpg
加蘇山神社にお参りおして・・・
b0116703_19371520.jpg
早速出発します。
b0116703_19372554.jpg
緩い登り道、近くに沢があるので綺麗な流れを見ながら進みます。
b0116703_1937368.jpg
昨日までの雨が地面を濡らして潤った空気ですねえ。
b0116703_19375347.jpg
陽の出る道に出てすぐに東屋に到着。先行していた団体さんがここで休憩をしていました。
b0116703_19381315.jpg
なのでこちらは休まずそのまま先を進みます。
b0116703_19382591.jpg
影の濃い道を登っていきます。少~しずつ傾斜は増してきました。
b0116703_19383571.jpg
するとなんとも印象的な大木の足元に到着。
b0116703_19384716.jpg
ナニナニ...千本かつらですか?
周りの雰囲気を合わせて見ていると、宮崎駿の世界な感じでした。
b0116703_19385841.jpg
更に先に進んでいきます。普通の標識も要所にあるのですが、この印刷された標識もところどころにあるので、道を誤ることは無いと思います。
b0116703_19391243.jpg
花も眺めながら歩いていると・・・日々の疲れも癒されますね。。。
b0116703_19392296.jpg
さ~隊長も要所要所でパシャってます。
b0116703_19393321.jpg
中の宮に到着。ここでも何組かが休憩をされています。
では込む前にこの先へ進みましょう。今までの道のりとは違ってこれからが核心部分となるようです。
b0116703_19394682.jpg
お、先に見えるは長~い鎖!
b0116703_19395826.jpg
・・・だそうです。
そういや。よくこの名前のつく鎖場・岩場に出会いませんか?!
b0116703_19401155.jpg
一気に行きますよう!登り始めると下で見たよりは傾斜はありませんでした。でも前日までの雨で岩場が濡れているので、用心をしてゆっくりと確認しながら登りました。
b0116703_1947087.jpg
鎖場を過ぎて少し進むと奥の宮下に到着。
ひいパンダは下で待機。さ~隊長に行ってきてもらいます。
行ってきたさ~隊長曰く「横長の穴が開いていて、祠があって、ひんやりして涼しかったよ。」とのこと。
b0116703_19471342.jpg
ひいパンダは待ちの間に花を愛でていたり、休憩をされていたおじ様おば様とお話をしていたり…。
マムシは沢側にいるらしい。これからこの標高のお山のこんなところでは出会う確立が高いよと色々と教えていただきました。
b0116703_19472728.jpg
さあ、先に進みます。これから先はぐっと登りが急になります。木の根っこ階段が続くと息も切れ切れ。ひいパンダは時には4足歩行になって頑張って登ります!
b0116703_19473845.jpg
金属製の橋を渡ったり・・・
b0116703_19474957.jpg
こんな階段も出てきます。
この石裂山にはこういった整備された人工物が危ないところには設置されています。
そしてよく見てもらうと分かるように、足を置くところには滑り止めでサンドペーバーのようなざらざらしたものが付いているので、比較的安心して利用できます。
あ、でも用心はしましょうね☆
b0116703_1948041.jpg
湿った岩場の風通しのよいところにはこんな可憐なお花さんがお出迎え。
b0116703_1948114.jpg
ジグザグの登りを踏ん張って登ると・・・
b0116703_19482452.jpg
尾根上に出ました。
ここは涼しい風が吹いていて、汗が噴出した熱い体をクールダウンされることが出来ました。
アンパンも食べて、エネルギー補給も完了。
頑張るぞう!!
b0116703_1948342.jpg
ひと登りで東剣ノ峰到着。
b0116703_19484577.jpg
ここから一旦鞍部に下りるのですが、とっても急なので石裂山名物のハシゴが登場します。
ひいパンダはこんなところも苦手。でも行かないと先に進めないので、やっちゃりました~~~。
b0116703_1949118.jpg
さ~隊長はこんなのが大好きなので、ルンルンさっさと下りてきます。
b0116703_19492359.jpg
一応ひいパンダのリクエストでポーズをとってくれました。ありがとう。
b0116703_1950854.jpg
登り返して西剣ノ峰到着。先に展望台があるのですが、いまいち木々が邪魔して見にくかったので諦めて山頂を目指すことに。
b0116703_19502086.jpg
ここからもハシゴが登場。その脇には先ほどのお花ちゃんがまたもや登場。ハシゴを下りている途中でも写真を撮ってルンルンしていたその時、ハプニングが!!
b0116703_19504022.jpg
サイドポケットに入れた袋が何らかの拍子に下に落ちてしまったのです。
梯子もあって急な斜面に落としてしまったのでもう取れないか?と思ったのですが、運良く枝に紐がひっかかっていて、ハシゴから手をのばせば何とか取れるところに止まってくれたのです。
下手して取れなかったらゴミにしてしまうところでした。。。
猛烈に反省し、ハシゴから下りたらすぐさまきっちり締めて落ちないようにしたのは言うまでもありません。
b0116703_19505229.jpg
さあ、最後の登りにかかります。
b0116703_1951424.jpg
月山との分岐の標識を左手に曲がり、先に進むとすぐに・・・
b0116703_19511763.jpg
雲に隠れた男体山。
b0116703_19512684.jpg
しっかりお顔を拝見、日光白根山。
b0116703_19513533.jpg
そう、石裂山に到着!!ゲット、おめでとう♪
ここは狭くてご飯を食べるにはちと向かないので、どこで食べよう?と少し戻ると、右手に踏み後があって月山方向とは別に伸びる尾根(道?)があったので、こちらのスペースでご飯を食べました。
結構そこはのんびりできて、涼しくて過しやすかったですよ☆
b0116703_19514520.jpg
今度は月山方向へ進みます。
b0116703_19515843.jpg
ひと登りで月山に到着!
b0116703_1952991.jpg
ここは広くて、ここで休憩をするのもいいですね。
b0116703_19522081.jpg
ここからは激下りが少し続きます。鎖もありますが、前半戦の鎖に比べたら大丈夫でしょう。
b0116703_19525024.jpg
お花に励まされた下り道。
b0116703_1953036.jpg
なんで鎖あるの?ってところに昔設置されたであろう鎖が。
これ無くても大丈夫だけどなあ~。(おっと、ぶれちゃった。)
b0116703_19531060.jpg
そしてこの下り道は沢沿いをどんどん下り、最後は東屋のところに合流します。
沢の水で顔を洗うと・・・。
はああああ~~~~~、すっきりする~~~~~!
あとは朝来た道を下って駐車場に到着しました。
駐車場で後片付けをしていると、神社方面から「ピョ~~~・・・」って雅楽器のような音が聞こえてきました。
とってもこの場の雰囲気に合っていて♪
さ~隊長が先に後片付けが終わったので見に行ってもらいましたが、その音色はすでに終わっていて、静かな神社境内だったそうです。
ん~~~~っ、残念。
b0116703_19532233.jpg

新緑の中、鎖あり・ハシゴあり・大木あり・沢の流れ&ミニ滝ありで総括では楽しいお山でした。
でも標高からいうと、これからは暑くて歩くの大変かな~っと思います。


                             今日もポチリいただけるとうれしいデス
                                  ゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

                                    
[PR]

by piropom510 | 2009-05-09 23:55 | パンダのやまのぼり2009。